2016.7.12
夏休みはハウステンボスでドローン体験!
2016.7.12

夏休みはハウステンボスでドローン体験!

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

予約受付中 P20lite らくらくセット
ハウステンボスとDJI JAPANは正規代理店契約を締結し、7月16日より同施設内にてドローンの販売及び、講習・空撮体験のできるプログラムをスタートさせます。

ドローンの購入及び体験ができるのはハウステンボス場内にある「ワンダーホイール」にて。販売を予定している商品は、DJIの最新モデルドローン「PHANTOM 4」。同モデルの特徴は振動や揺れを排除し、鮮明でシャープな4K動画を撮影することができ、さらに前モデルよりも飛行時間が25%向上し、最大28分の飛行を可能とします。

実施予定のプログラムは以下のとおりです。

【ドローン飛行体験 ※12 歳以上】 ¥1,500/30 分・安全講習 10 分+シミュレーター10 分+ゲージ内トレーニング 10 分
【DJI PHANTOM 講習 ※15 歳以上】 7,000 円/2 時間・講習 30 分+シミュレーター30 分+休憩 10 分+ゲージ内トレーニング 50 分
*講習内容は航空法、準備・取り扱い、安全講習について。

【園内空撮ツアー】 ¥6,000 ・開園 1 時間前(スタッフアテンド)エアホイールでの移動付き。・ドローンは基本持ち込み。 ・事前に技能レベルの確認。
-前日までにワンダーホイールにてライセンス発行。※テストフィーとして 1,000 円-DJI CAMP 有資格者。スペシャリスト以上

また、手ぶれ補正機能付き完全一体型手もち 4K カメラ「OSMO」本体や各種オプションパーツのレンタルも行うとのこと。

ドローン飛行体験では「クアトロックスULTRA」を。DJI PHANTOM 講習「PHANTOM 2」を使って行われます。なかでも、このプログロムで目玉となるのは、美しいハウステンボス街並みを空撮できるプランではないでしょうか。というのも、通常、空撮はもちろん飛行をさせる場所によっては国土交通省への申請が必要となるため。今回の空撮プランでは、そうした申請を必要としないため、基準を満たすドローン所有者であれば、ハウステンボス内を撮影することができます。大変魅力的なプランと呼べるのではないでしょうか。


また、ハウステンボスでは同日より、「ロボット王国」というエリアをスタートさせるとのこと。このエリアでは、ロボットがおもてなししてくれると話題の世界初のロボットホテル「変なホテル」をはじめ、複数のロボットがコミカルなダンスを披露してくれるロボットステージショーや、ロボット工作体験、さらには操縦可能な搭乗型ロボットまでを用意。ドローン以外にも意外性と話題性の高い施設があります。

ハウステンボスは、ドローンやロボットのことを体験者・利用者によるSNS発信をすることで、世間一般の理解を促すとともに、さらなる関心を高めることを目的の1つとしています。ここでの体験やデータといったものが、どのように反映されていくかというのも期待したいところですね。

予約受付中 P20lite らくらくセット

関連キーワード