2016.7.12
「イヌになっちゃうの!?」明治うがい薬の「カバくん」SNSのうわさをキッパリ否定
2016.7.12

「イヌになっちゃうの!?」明治うがい薬の「カバくん」SNSのうわさをキッパリ否定

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

予約受付中 P20lite らくらくセット
「イソジン」の名前で長年親しまれてきた明治のうがい薬のキャラクター「カバくん」が、イヌのキャラクターに変更!? SNS上をかけめぐったウワサは「誤解です」と、カバくん“本人”からの否定のコメントが発表されました。

明治は今年3月、50年以上育ててきた主力ブランドのイソジンを技術提携先だった米製薬会社のムンディファーマ社へゆだね、商品名を「明治うがい薬」に変更。イソジンは4月からムンディファーマ社が販売し、パッケージには「カバくん」に類似した「カバ風」のキャラクターを使用してきました。

7月6日、そのムンディファーマ社がパッケージデザインをカバ風からイヌに変更すると発表。SNS上では同社キャラクターと明治の「カバくん」の混同から、「やっぱりイソジンっていったらカバだよねぇ」「私の中のイソジンは いつまでもカバだよ」「今日一番ショックだったことはイソジンのキャラクターがカバからイヌへ変更されてしまったこと。悲しみ」「えええ!!!? そうなの!!? 初耳(´;д;`) イソジン=カバっていうイメージだったのにー!www」と“悲しみの声”で話題になりました。

この誤解に同社は、「カバくん」本人からとして、「みんなのうがいをずっと応援してきたボクだけど、これからも明治うがい薬と一緒にがんばるよ! いつものカバくんうがい薬はこれからもお店にあるから安心してね」と、否定のコメントを発表。明治うがい薬のパッケージキャラクターは“ガラガラ”することなく、今後も「カバくん」が活躍していくとのことです。

予約受付中 P20lite らくらくセット

関連キーワード