2016.7.15
ICタグを利用した校門通過情報配信サービスを港区の学童クラブ全施設に導入 サービス利用料は無料
2016.7.15

ICタグを利用した校門通過情報配信サービスを港区の学童クラブ全施設に導入 サービス利用料は無料

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール
東急セキュリティは7月15日、東京都港区の学童クラブ全26施設において、校門通過情報配信サービス「キッズセキュリティ・ミマモルメ」サービスの提供を開始したと発表しました。

キッズセキュリティ・ミマモルメとは、ICタグを利用した登下校メールサービスで、ICタグを子どものランドセルなどに入れて使用。子どもが学童クラブの出入口を通過する際に、ICタグが発信するデータを専用機器がハンズフリーで読み取り、保護者にメールを配信します。これにより子どもの入退室時刻をリアルタイムで確認することができます。

ICタグは特定の場所においてのみ電波を発する省電力なセミアクティブ方式が用いられているため、6年間は電池交換が不要とのこと。カードを機器にタッチする必要もないため、タッチのし忘れによってメールが送られないという不安もなくなります。

このサービスは、すでに首都圏では世田谷区、目黒区、横浜市、川崎市など東急線沿線の公立小学校を中心に約70校に導入されています。サービス利用料については、港区の学童クラブ利用者は無料とのことです。
人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール

関連キーワード