2016.7.20
転職希望の友人を企業に推薦する「SCOUTER」は副業にも最適 ベンチャー発の注目サービス
2016.7.20

転職希望の友人を企業に推薦する「SCOUTER」は副業にも最適 ベンチャー発の注目サービス

フィナンシェ西沢
フィナンシェ西沢
sim通

powerd by goo Simseller

予約受付中 P20lite らくらくセット
BtoCサービスを手がけるベンチャーやスタートアップの応援プラットフォーム、sproutが手がけるプレゼンテーションイベント「sprout」の第13回がこのほど、東京・渋谷のヒカリエで開かれました。登壇した5サービスから、要注目のサービスを紹介します。

sproutは「渋谷発」をキーワードに、潜在顧客であるオーディエンスに登壇者の“ファン”になってもらい渋谷の起業カルチャーを盛り上げることも目的のひとつとして開催。最優秀サービスは会場の投票で決定します。採用コンサルティング事業を手がけるRENOが提供しているのは、ソーシャルヘッドハンティングサービス「SCOUTER」です。

サービス名のSCOUTERは、「スカウトするひと」の意。審査に合格したユーザーが、転職の意思を持つ友人や知人を求人中の企業に紹介し、採用されると報酬が支払われるシステムで、同社代表取締役社長の中嶋汰朗氏によると「有料職業紹介事業で日本で唯一のモデル」とのこと。

求人情報は同サービス内での限定公開で、現在はウェブ系を中心に約800件が登録。転職エージェントの役割を個人のユーザーが代行するようなものですが「身近な相手だからこそ、適当な紹介はできないもの。ひととなりや経歴をよく知っているから最適な求人を探せて企業へも推薦できる」(中嶋氏)。

ユーザーへのサポートとして、友人相手であっても、転職の相談をするときは食事代を最大1万円まで補助。ひとりの転職希望者につき初回のみ利用可ですが、人数は無制限とのこと。また、企業の探し方や選考のフローなど、ユーザーが未知の業界の推薦文の書き方などは同社のエージェントが相談にのり、採用が決定したら転職者の年収の5%が紹介者に支払われます。

ユーザーの登録は、フェイスブックの情報で審査。職務情報などのほか、投稿の内容も「かなり深く、アナログにチェックする」(中嶋氏)そうで、通過率は約6割とのこと。合格後はRENOの契約社員として雇用契約を結び、現在は約250人が“社員”に。すでにIT業界の主要企業はほぼ全社に“社員”が存在し、マネジャーや役員など比較的上位のポジションに就いているユーザーが多く、そのつながりを活用している例が多いそうです。

雇用契約が必要なのは、厚生労働省の認可を受けた許可事業のため。上記の報酬以外にも求人を探したり推薦文を書いたりする際には、自己申告制で1時間につき1,000円の時給も支払われます。収入源の分散の重要性が唱えられつつも、副業は不可の企業が大半なのが現状ですが、中嶋氏によれば「今後は労働人口が減少し間違いなく、副業なんて言ってはいられなくなる時代」。「友人相手なら転職エージェントより相談もしやすいもの。転職希望者にとってもより良い転職環境を構築したい」と話していました。

ITライフchでは、「SNSを活用した転職活動はしてみたい?」への回答を募集しています。

【関連記事】
バイリンガル家庭教師派遣「お迎えシスター」 ベンチャー発の注目サービス

予約受付中 P20lite らくらくセット

関連キーワード