2016.7.28
世界初 リアルタイムで会話しながらVR上でショッピングできるサービス
2016.7.28

世界初 リアルタイムで会話しながらVR上でショッピングできるサービス

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール
メディア型ECモール「kabukiぺディア」を運営するKABUKIは7月27日、VR上で遠隔地にいる相手を会話としながら買い物ができる世界初のVRショッピングサービス「VR Shopping with Voice Chat」を8月から提供すると発表しました。

kabukiぺディアは商品や生活スタイルを“ストーリー”として記事にし、潜在的なニーズの掘り起こしとショッピングの楽しさの演出で購買意欲を高めてECサイトに送客するサービス。同社代表取締役の大城浩司氏は「VRショッピングは、ストーリーを加速する。新しい楽しみをリアルに提供したい」と意気込みを明かしています。

VRショッピングは、同社の配信する専用アプリをダウンロードしたスマートフォンをVRヘッドマウントディスプレイにセットして利用。VR上ではファッションショーや展示会をその場にいるように楽しみながら、気にいったアイテムはそのまま購入も可能です。LINEやFacebookなどでつながっている友人同士でアクセスすると、北海道と沖縄などの遠隔地でもリアルタイムでおしゃべりしながら買い物ができる世界初の会話機能を搭載しています

映像内で見られるファッションアイテムは、ファッション情報サイト「コレカウ」を手がけるアイエントのスタイリストがセレクト。映像内で展開されるファッションショーのランウェイで気になったアイテムがあれば、視界中心に表示されている白い注視点を画面下部の「SELECT」にあわせると詳細画面に切り替わり、拡大表示や360度回転させて確認することができます。

VRヘッドマウントディスプレイは専用のものを購入する必要はなく、1000~2000円程度の安価な市販品で使用可能。VR市場は15兆円に達するという説もあり、今秋にはPlayStation VRの発売も予定されていますが、あえてスマホ型を選択した理由について大城氏は「固定型は高額で一般のひとには普及が難しい。利用者をより増やすことを優先したい。多くのひとに楽しんでもらえなければショッピングではない」と説明しています。

技術は、立体映像技術開発会社の2051が開発。代表取締役の澤山雄一氏によると「ストーリーの体験とVRは相性がいい。スマホでCGを動かすことは大変だったが、技術をいかせる」。視線をむける方向での操作は内蔵のジャイロスコープでコントロールしているそう。正式リリースまで品質改善を続けていくそうで、大城氏も「世界的にみても、スマホでできる限界の品質なのでは」とのこと。

年内をめどに取り扱うブランド数の増加させていく予定で、今後はインテリアやアウトドア分野にも順次展開していく方針。kabukiぺディア内からアイテムをピックアップし、イスや机なら部屋のレイアウト風景をVRでみられるようにするなど、アイテムの拡充と技術向上を進めていくとのことです。

人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール

関連キーワード