2016.7.28
【au夏モデル発表会】シニア向けに特化した端末2機種 孫と一緒に「Pokemon GO」プレイも
2016.7.28

【au夏モデル発表会】シニア向けに特化した端末2機種 孫と一緒に「Pokemon GO」プレイも

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
auは7月28日、2016年夏モデルの発表会の第2弾を開催しました。高齢化がすすむ中、シニア層に焦点を絞ったスマートフォンと携帯電話の計2機種を発表。5月の第1弾発表会で公開した、長期契約をしているユーザーへ向けた優待特典「au STAR」の提供が8月29日から始まることも明かしました。

■シニア向け特化の理由

夏のテーマに「大きく、変わります。」を掲げているauは「“感動水準の体験価値”創出活動」と銘打ち、各販売店やコールセンターなどでユーザーからのリアルな意見をヒアリング。1年以上にわたりサービスの改善を行ってきました。

それらの意見から開発されたのが、シニア向けの新端末スマホ「BASIO2」とフィーチャーフォン「かんたんケータイ」です。

現在の日本の人口は4分の1以上が65歳以上で、KDDIの執行役員でコンシューマ事業本部コンシューマ営業本部長兼コンシューママーケティング本部長の菅隆志氏によるとauの有料サポートサービス「auスマートサポート」の会員も「50代以上が50%を占める」。親子で別居の世帯も増加し、コミュニケーション手段も親世帯が携帯電話の通話が大半の一方で、若年層はSNSの利用が過半数を超えるなどギャップが生まれています。菅氏は「携帯やスマホを通じて、全てのお客さまにコミュニケーションの喜びを届けたい」と意気込みを語っています。


■「ポケモンGO」もプレイ可能


BASIO2は、初めてスマホを持つひとでも使いやすいシンプル操作。同社の商品・CS統括総本部プロダクト企画本部プロダクト企画部端末戦略グループリーダー、山下明子氏は「シニア層への聞き取りで、せっかくスマホにするなら従来の機能制限の多いシニア向け端末を敬遠する声が大きかった。と同時に、使いこなせるのかというという不安も声も多い」と明かしています。

メニューアイコンは大サイズで表示されるほか、よく使う連絡先は3つまで登録が可能。通話やメールの専用ボタンが下部に配置され、着信時には光って通知されます。文字サイズのズームやスマホ初心者がつまずきやすいといわれる文字入力のアシストヘルプ機能、高齢者にとって聞き取りにくい高音部を強調する機能も搭載されています。

「初めてスマホで写真を撮ったときの感動を味わってほしい」(山下氏)と、特にこだわったのはカメラ機能。背面のカバーを開くだけでカメラアプリが起動するため、元気に動き回る孫の姿を撮影するのも簡単とのこと。

また山下氏は「個別アプリへの言及は難しい」と前置きしながらも、スマホゲーム「ポケモンGO」の利用も「実際に使ってみたが、問題はない」と明かし、人気のゲームを通して家族とのコミュニケーションが活発になる可能性も匂わせました。

慣れた端末を使い続けたいユーザーに向けたかんたんケータイは、4年ぶりにデザインをリニューアル。液晶サイズは過去のかんたんケータイ最大の3.4インチ、カメラも最大の800万画素に。また4G LTEに対応したため、写真や動画などの大容量データも送受信できるようになりました。

■au STAR提供開始


昨年の総務省の携帯電話料金是正の要請を受けた長期契約ユーザーへの優待特典、au STARが8月29日から提供されることも発表しました。

au STARはショップへの来店予約で待ち時間を短縮できる「STARパスポート」、従来のデータギフトに加えて契約年数が4~6年ならデータ定額料1,000円ごとに20ポイント、10~12年なら同60ポイントが付与と契約年数とデータ定額料に応じてau WALLETポイントが毎月還元される「STARロイヤル」、卒業や就職、結婚など特別な日を迎えるユーザーが世界データ定額や映画コンテンツ、ギフト券などがもらえる「STARギフト」の3つのサービスです。STARギフトは新たに「ケータイ取り替えおたすけギフト」が追加。auのフィーチャーフォンを49カ月以上利用しているユーザーを対象に、最新の4G LTEフィーチャーフォンへお得に機種変更ができるようになりました。

発表会には、俳優の杉良太郎さん、タレントの眞鍋かをりさんも登場。「スマホは持っていないし、興味もない。携帯電話も本当に必要なときに通話するだけ」という杉さんは眉間にしわをよせながらも、日常生活のありとあらゆることをスマホでこなすという眞鍋さんに教えられながら、BASIO2を操作。カメラアプリの起動の簡単さに驚きながらも、眞鍋さんと人生初の自撮りを体験し「すごく簡単でやみつきになりそうだね」と話しました。眞鍋さんは「(杉さんは)こんな短時間でこれだけ使いこなしている。わたしたちの親世代はすごくパワフルだし、スマホを使いこなしたらこれからの人生ももっと楽しくなるはず」と笑顔を見せていました。

ITライフchでは、「離れて暮らす家族とのコミュニケーション、スマートフォンでやりたいことは?」への回答を募集しています。

【関連記事】
【au夏モデル発表会】新端末10機種・長期契約ユーザーへの優待開始など
はじめてのスマホにおすすめ!au夏モデル第2弾はシニア向けシンプルスマホ「BASIO 2」
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード