2016.9.1
自撮りカメラアプリは「LINE Camera」と「SNOW」が人気 「Snapchat」のレンズだけ使うユーザーも?
2016.9.1

自撮りカメラアプリは「LINE Camera」と「SNOW」が人気 「Snapchat」のレンズだけ使うユーザーも?

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
MMD研究所は8月31日、「カメラアプリの利用に関する調査」について発表しました。この調査は、スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女882人を対象とした「自撮り」に用いるカメラアプリに関するもの。

調査結果のうち、動物などのスタンプやフィルターで顔にさまざまな加工ができる、エフェクト機能を備えたカメラアプリの利用率は41.2%となりました。年代別では10代の79.5%、20代の47.7%、30代の33.7%で利用経験があるとのこと。

利用しているアプリについては、「LINE Camera」が64.5%と最も多く、次いで「SNOW」が49.0%、「カメラ360」が38.0%となりました。

また、同様の機能を備えるアプリ「Snapchat」については、「現在利用している」が9.8%、「過去に利用したことがある」が6.0%となりました。撮影した画像の利用方法については、「Snapchatで友人に送る」が53.2%と最も多い一方、LINEで友達に送る、スマートフォンに保存する、撮影せず写真フィルターで遊ぶといった、「レンズ」(エフェクト)機能を目的に利用しているユーザーも多いようです。

その他、自分が写っているスマートフォンの撮影画像を加工する人は全体で38.0%となりました。性別では女性が46.5%、男性が29.4%で、OS別ではiOSユーザーの45.0%、Androidユーザーの28.6%が加工を行っているとのことです。


ITライフchでは、「スマホで写真撮影、後からどんな修正がしたい?」への回答を募集しています。
nova3

関連キーワード