2016.9.2
緊急速報「エリアメール」「緊急速報メール」が国交省の洪水情報に対応 9月5日から
2016.9.2

緊急速報「エリアメール」「緊急速報メール」が国交省の洪水情報に対応 9月5日から

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
NTTドコモが提供する緊急速報「エリアメールR」、KDDI、沖縄セルラーとソフトバンク(ワイモバイル含む)が提供する「緊急速報メール」で9月5日から、国土交通省が提供する「洪水情報」の配信が始まります。

エリアメールや緊急速報メールは、災害などの発生エリアの携帯電話やスマートフォンなどへ、気象庁が発表する「緊急地震速報」「津波警報」と、各自治体が住民に避難勧告などを発令する「災害・避難情報」を一斉配信するサービスです。

河川の増水や氾濫などに関する洪水の情報は、災害発生時に発表される指定河川洪水予報をもとに国交省が提供。これまでもエリアメールと緊急速報メールで配信されてきましたが、新たに配信が始まる洪水情報は、昨年9月の関東・東北豪雨災害の発生を受け、流域住民の主体的な避難を促進するため各自治体を経由せず配信されるようになります。情報伝達手段が増えより迅速に配信もされるため、早期の避難が可能となります。

指定河川洪水予報の氾濫危険情報や氾濫発生情報が発表された場合、流域住民の避難を促進するために以下のように洪水情報が配信されます。

まずは、鬼怒川及び肱川の2河川の流域自治体(茨城県常総市、愛媛県大洲市)で、洪水情報の配信をスタート。配信対象エリアは今後、国交省により順次拡大するとのこと。

利用料金は無料で、申し込みや設定などは不要。対応機種は各社のホールページから確認できます。

ドコモ
KDDI、沖縄セルラー
ソフトバンク
ワイモバイル



夏休みファイナルセール

関連キーワード