2016.9.8
iPhone 7 / 7 Plus、9月9日から予約開始!日本中が待望していた防水機能やSuicaがついに実現!
2016.9.8

iPhone 7 / 7 Plus、9月9日から予約開始!日本中が待望していた防水機能やSuicaがついに実現!

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
Apple(アップル)は日本時間 9月8日未明に噂通り、同社のフラッグシップスマートフォン「iPhone」の新モデル「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発表しました。どちらも9月9日 16時から予約を開始し、9月16日に発売を予定しています。

スペースグレイに変わりブラックとジェットブラックの2色を追加!!



今回発表したiPhone 7は4.7インチディスプレイで、iPhone 7 Plusは5.5インチディスプレイとなっており、前回モデルであるiPhone 6s / iPhone 6s Plusと同じディスプレイサイズ。手にした時の画面の見え方や、使い勝手というのは大きくかわることはなさそうです。カラーバリエーションは5色展開となっており、前回人気の「ローズゴールド」をはじめ「シルバー」「ゴールド」といった定番色に加え、「ジェットブラック」「ブラック」という雰囲気の異なる2つの黒を追加しました。一方、「スペースグレイ」はカタログから消えてしまっています。Web上のコメントを見ると、新色のジェットブラックとブラックに人気が集中しており、期待感の高さが伺えます。

iPhoneはカラーだけでなく、内部ストレージ容量の選択も大きな悩み所です。すでにアップルの公式サイトではSIMフリー版 iPhone 7 / iPhone 7 Plusの価格を公表しています。 (以下は全て税別です)

      iPhone 7      iPhone 7 Plus  
32GB72,800円85,800円
128GB83,800円96,800円
   256GB   94,800円107,800円

ストレージ容量のバリエーションですが、32GB、128GB、256GBの3種類。前モデルが最低容量が16GB、最大容量は128GBだったのに対し、今回は最低容量が32GBで最大容量は256GBとどちらも倍になりました。価格面では円高の影響もあるのか、iPhone 6sよりも安めの設定となっています。想像していたよりも安いと思った方もいるのではないでしょうか?

なお、ジェットブラックには32GBがなく128GBもしくは256GBモデルといった2モデルでの取扱いになります。

iPhone 7に光学手ぶれ補正、iPhone 7 Plusに広角・望遠 2つのレンズを搭載

iPhoneといえば高性能なカメラ機能と想像する方も多いですが、そのカメラがさらなる進化を遂げました。まずはiPhone 7の進化から。


iPhone 6 / iPhone 6s では搭載されていなかった光学手ぶれ補正が搭載されておらず、サイズは大きいけど光学手ぶれ機能が欲しいがためにiPhone 6 Plus / iPhone 6s Plusを選択した人もチラホラといました。しかし、今回はiPhone 7に光学手ぶれ補正機能が搭載されました。身体の動きや手の振動によるブレを光学式の手ぶれ補正機能によって軽減。これにより露出時間が最大3倍となるのとのこと。さらにクアッドLED True Toneフラッシュという新しいフラッシュは、周囲の色温度に合わせて自動調整をしてくれるので、これまで以上にシャープで明るく照らされた写真撮影を可能にするとのこと。

もちろんレンズ自体の性能も大きく向上していおり、光が少ない場所であっても写真・映像を美しく撮影してくれるそうです。ますます写真や動画を撮ることが楽しくなりそうです。


iPhone 7 Plusのカメラはそうした機能に加え、被写体に一段と寄ることができる望遠カメラを搭載。2つのカメラを使って被写体を撮影します。これにより、写真なら最大10倍、ビデオなら最大6倍のズーム撮影ができるようになる模様。また被写界深度エフェクトという機能により一眼カメラのようなボケ味のある写真撮影をすることも可能になります。この機能はすでに他のスマホでも採用しているものもありますが、そこはiPhoneならではの味付けとクオリティにより、それらを上回るものを出してくれるのではないでしょうか。

この機能をずっと待っていた!iPhoneもついに防塵・防水へ


一番のサプライズとなったのは、やはりこの発表ではないでしょうか!? ついにiPhoneも防塵・防水機能を搭載します。IP67等級の防塵・防水性能となっているので、端末にホコリが入ることなく、また、うっかりと水没させても30分以内にすぐ引き上げれば内部浸水することはありません。今後はお風呂にiPhoneを持って入り、様々な動画配信サービスの映像を楽しみながらお湯に浸かるということができるようになります。

Reatina HDディスプレイで、明るく豊かな色表現


明るく美しい色彩のRetina HD ディスプレイもこれまで以上に色表現が豊かになりました。画像解像度やピクセル密度、コントラスト比といったものの数値に変化はありませんが、ディスプレイで表現する色というのが、目に見えている色のものに近づいたそうです。アップルは紹介のなかで、「驚くほど正確な色で楽しめるのです。まるで、あなたが今そこにいるかのように。」と表現しており、その自信の大きさを垣間見ることができます。カメラ機能の進化をディスプレイ画面から強く感じられるのではないでしょうか。

iPhoneのサウンドがステレオに。今まで以上のリッチな音楽体験を。


サウンド面の進化としては、iPhoneに初めてステレオスピーカーを搭載。新しいスピーカーシステムを搭載しているとのことで、ダイナミックレンジが広がったことで従来品よりも音量が2倍になり、これまでよりも迫力ある音を楽しめるようになるようです。また、噂通り、iPhone 7 / iPhone 7 Plusからイヤホンジャックがなくなり、BluetoothやLightningコネクタのついたイヤホンで楽しむことになります。新たにこれらの機器を購入するにはハードルが高いということもあり、アップルはLightningコネクタのついたEarPodsを同梱。また別売りですが、旧来のイヤホンが利用できる変換アダプターも提供するとのこと。


また、iPhoneの付属品ではありませんが、大きな話題となったのが「AirPods」です。ワイヤレスでiPhoneに接続するこのデバイスは専用のW1チップを搭載し、これにより音質だけでなく、効率の良いワイヤレス接続を生むとのこと。また駆動時間も良く、1回の充電で5時間聞き続けることが可能。また、このデバイスにはマイクも搭載されているので、通話はもちろんSiriに話しかけることも可能です。10月下旬の発売を予定しており、価格は16,800円。これを安いと見るか、高いと思うかは人それぞれですが、いままでとは違った音楽体験ができるのは間違いなさそうです。

下り最大450Mbps! 最も進化したiPhoneは世界最速のデータ通信可能


iPhone 7とiPhone 7 Plusの最大通信速度450Mbpsが可能なLTE-Advancedを搭載し、さらに最大25の周波数帯に対応しているので、国内のみならず、世界のあらゆる国と地域に出かけても快適なローミング接続をしてくれます。対応する周波数帯は以下のとおり。

FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)

また対応する無線通信は、MIMO対応802.11a/b/g/n/ac Wi‑Fi、Bluetooth 4.2とのこと。

日本発売モデル限定!Apple PayがSuica対応に


いよいよ日本でもApple Payが利用できるようになります。クレジットカードやプリペイドカードをWalletアプリケーションに入れておくことで、店頭やウェブでのショッピングをワンタッチ決済してくれる優れもの。さらに、日本発売のiPhone 7、iPhone 7 Plus 限定ですがSuicaの利用が可能となります。手持ちのSuicaをiPhone 7 、iPhone 7 Plusをタッチするだけでデータを移行し、その作業が完了した瞬間からiPhone 7、iPhone 7 PlusがモバイルSuicaとして使用できるそうです。また、クレジットカード連携をすることで、Walletの中で直接Suicaにチャージすることもできるので、これからは券売機に並ぶ必要もなくなります。

兎にも角にも盛り沢山の発表となったiPhone 7とiPhone 7 Plus の発表内容。多くの人がiPhoneに搭載されることを「待ちわびた」機能が幾つも実現したことは、大変喜ばしいことであると言えます。予約は9月9日 16時からで、Apple公式や各キャリアサイトなどで行われます。昨年のiPhone 6s / iPhone 6s Plus発売のときは、初登場のローズゴールドが即品切れになったことから、今回もブラックとジェットブラックの2色は争奪戦になりそうな予感がします。

キャリアから発売するiPhone 7 / iPhone 7 Plusの価格は現時点では分かりませんが、1円でも安く手に入ることを願うばかりです。

ITライフchでは、「iPhone7、買うならどのキャリア?それとも格安SIMに乗り換える?」への回答を募集しています。

【関連記事】
iPhone 7のNFC決済サービス「Apple Pay」、日本向けでモバイルSuica機能に対応!
「Apple Watch Series 2」発表 防水、GPS、フェリカ、「ポケモンGO」へも対応

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード