2016.9.8
iPhone 7のNFC決済サービス「Apple Pay」、日本向けでモバイルSuica機能に対応!
2016.9.8

iPhone 7のNFC決済サービス「Apple Pay」、日本向けでモバイルSuica機能に対応!

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
Appleは9月8日、新製品となる「iPhone 7/7 Plus」において、独自の決済サービス「Apple Pay」を日本向けに10月下旬より提供開始すると発表しました。

Apple Payとは、非接触通信を行うNFC機能を用いた決済方法で、これまでもiPhone 6以降の機種などに搭載されていましたが、日本においてはNFC規格の違いなどから、店舗などに設置された読み取り端末にかざして支払いを行う、といった機能には対応していませんでした。

それが今回、日本向け仕様として、ついにFeliCa(Type-F NFC)による決済に対応。これにより、あらかじめクレジットカードもしくはプリペイドカードの情報を登録しておけば、Androidスマホにおける「おサイフケータイ」のようにサインレスでの支払いが行えるほか、日本独自の機能として、JR東日本の交通系ICカード「Suica」も使えるようになりました。

このSuica機能の使用方法は簡単で、Suicaカードや定期券をiPhone上にかざすだけで、残額や定期券情報などが転送されるとのこと。登録済みのクレジットカードからチャージや定期券の更新ができるので、券売機の前に並ぶ必要も少なくなります。

こうしたSuica機能は、これまで一部のAndroidスマホやガラケーしか備えていなかったので、実はiPhoneを使いたいけれど、モバイルSuicaがないので別のスマホを持っていた、というユーザーにも朗報です。

また、AndroidスマホなどのモバイルSuicaからの移行方法については、9月8日時点ではまだ公式に発表されていませんが、一部報道によると、従来の機種変更と同じ方法(センターサーバーへのデータ移行と新機種からの取り込み)によって対応できるそうです。

このApple PayのSuica機能ですが、iPhone 7と同じく発表されたスマートウオッチの新製品「Apple Watch Series 2」にも対応しており、腕につけたままスマートに改札を通過、なんてこともできるようになります。

また、Apple Payでは、American ExpressやMasterCard、JCBといったクレジットカードに対応しており、これらのカードに代わって支払いができるほか、iDやQUICPayにも対応するなど利用シーンを拡大しています。

このように便利な決済機能を備えた反面、紛失や盗難時におけるリスクへの不安も高まります。これについてApple では、iPhoneやApple Watchの紛失・盗難時にSuicaの残額は保証されるほか、「iPhoneを探す」機能でApple Payの使用を一時的に停止したり、iCloudから遠隔操作してカード情報を削除したりできるとのことです。


ITライフchでは、「iPhone 7で注目のおサイフケータイ・Suica機能、他にはどんなモノにあったら便利?」への回答を募集しています。

【関連記事】
iPhone 7 / 7 Plus、9月9日から予約開始!日本中が待望していた防水機能やSuicaがついに実現!
「Apple Watch Series 2」発表 防水、GPS、フェリカ、「ポケモンGO」へも対応

nova3

関連キーワード