スマホ節約診断
2016.9.9
【編集部おすすめ】注目のSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」を初期設定から詳細レビュー!
2016.9.9

【編集部おすすめ】注目のSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」を初期設定から詳細レビュー!

ITライフch編集部
ITライフch編集部
ZTEジャパンは、ミドルハイクラスのSIMフリースマホ「BLADE V7 MAX」を日本に投入します。編集部おすすめのSIMフリースマホとなっています。最大の特徴は4G/3Gのデュアルスタンバイ機能。デュアルSIMポートに挿入したSIMカードをデータ通信(4G/3G/2G)と音声通信(3G/2G)による待受けを可能としてくれます。


サイズは154×77×7.2(mm)、重さは約167g。ディスプレイサイズは5.5インチの大型モデルながら、手の収まりが良いモデルです。チップセットにMTK6755M(オクタコア 1.8GHz)を採用し、RAM 3GB / ROM32GBとハイスペックモデルにも引けをとらない処理能力と容量を有しています。画面解像度は1920×1080のフルHD IPS液晶となっており、ガラス面はDragontrail(ドラゴントレイル)ガラスとなっており、キズが付きにくく割れにくいので長い間、美しいディスプレイ面を保ってくれることでしょう。


今回レビューで使用したモデルはゴールドですが、シルバーも用意。メタル素材のボディにマット仕上げの塗装が高級感与えています。ドイツのミュンヘンでデザインされた本端末は機能性と両立したボディデザインも特徴の1つとしてZTEはアピールをしています。


デザインの特徴としてはもう1つ。最近では主流になってきている2.5D加工の柔らかなガラス面もポイントです。先に紹介したドラゴントレイルガラスは、剛性だけではなく柔性もあるため、このように少し曲がったデザインであってもガラス自体に負担や疲労を与えることがないので、割れるといった心配もありません。この曲面ガラスはとても触り心地とても良く、いつまでも使っていたいという気持ちにさせてくれます。


本体下部にUSB-Type Cポート、上部にヘッドフォンジャック。本体右側面には電源とタッチ式指紋センサー、左側面にSIMポートと音量ボタンをそれぞれ配置。


SIMポートは専用のピンで外し、そこにnano SIMサイズのカードとmicroSDを乗せ挿入。ちなみに利用できるmicroSDは最大128GB(microSDXC)です。


SIMを2枚挿したい場合はmicroSDを外し、そこにもう1枚のnanoSIMを乗せて利用します。デュアルSIMで端末を利用する際、デフォルト状態ではSIM 1がデータ優先設定になります。なおAPNの設定については以下の手順でおこないます。


SIMカードのAPN設定などは歯車アイコンの「設定」から「SIMカード」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の順にタップします。SIM1とSIM2それぞれの設定を切り替えるには、アクセスポイント名と書かれている画面時、上の方に「NTT DOCOMO」「NTT DOCOMO」と2つ並んで記されている部分をタップして各SIMの設定を変更します。ここで言うNTT DOCOMOとは利用しているネットワーク網ということになりますので、両方ともドコモ系のMVNOを利用している場合は同じ表示になります。


初期状態でOCN モバイル ONEや、IIJmio、mineo、BIGLOBEなど、主要MVNOのAPNが14個登録されているため、対象となっているMVNOのSIMを端末に入れた場合は、自動的に判別を行い細かな設定不要で通信を行うことができます。APN設定が登録されていない場合は、APN選択画面の上部の「+」アイコンをタップすることで任意のAPNを設定することができます。もちろん、一度登録すれば次回以降は自動判別してくれます。

なお、APNの設定については契約したMVNOのサイトもしくは、SIMカードに添付されているマニュアル等の指示に従ってください。


また設定アプリを開かなくともステータスバー部分を引き下ろすことで表示される短縮メニューからもSIMの設定変更等をすることができます。黄枠で囲んだSIMカードのようなアイコンで色の明るくなっていないほうをタップすると、現在データ通信を行うSIMがSIM 1だった場合、それがSIM 2に変更されます。ワンタッチで切り替えられるので、ビジネス用とプライベート用のSIMの両方を入れて切り替えるなんてという便利な使い方もできるのではないでしょうか。

より細かな設定をする場合は、赤枠で囲んだアイコンをタップすることで先ほど紹介したSIM設定画面を開くことが可能です。


ちなみにSIM設定画面では、「データ通信」「通話」「SMS」をどのSIMで行うかを設定することも可能です。利用シーンに応じた設定変更をすることができます。


このBLADE V7 MAXはタッチ指紋センサーも搭載しています。指紋登録をすることで、ワンタッチでロック解除やアプリの起動などに利用可能。指紋機能を有効にするには設定の「指紋」から「指紋認証マネージャ」→「PINコード入力」→「指紋を追加」と進むことで登録することができます。

ちなみに指紋認証マネージャを選択できる画面にある「写真を撮影」「電話に出る」という機能は、機能ONにするだけで使用することが可能。指紋登録の必要がありません。しかし、この機能はスリープ状態などでは利用することはできませんので、その点のみ注意ください。


指紋を登録するには、本体右側面にある指紋センサーに登録した指をあてて様々な方向の指紋を読み取り記憶させます。指紋のアイコンが赤く染まり100%になることで登録は完了。どの方向からタッチしても反応するよう、色々な角度で登録するのが良いでしょう。


また、指紋登録を使った機能としてアプリのクイック起動があります。登録可能な5つの指紋に対し、それぞれアプリを割り振ることができます。よく使うアプリだけでなく、普段当てることのない指を登録しておき、そこに緊急時に使えるアプリを割り振っておくことで慌てずに対処できるようになるのではないでしょうか。

気になる指紋センサーの感度についてですが、これは大変良いものでした。登録した指を軽く当てるでだけで即時にロック解除するだけでなく、スムーズにアプリも起動。ストレスフリーで使いこなせると思うので、この機能はぜひとも活用して欲しいところ。


指紋以外の便利機能としては「ジェスチャー」と「モーション」の機能。ジェスチャー機能は、スリープ状態で任意の文字を描くことでそれに対応したアプリが起動するというもの。初期状態では「電話」「Chrome」「音楽」「メッセージ」が割り振られていますが、こちらは変更することが可能です。よく使うものを設定するのをオススメします。

また、端末を耳に当てると電話にでることができたり、ひっくり返すとミュートしたりすることのできる「モーション」機能は、ZTEに限らず様々なスマホメーカーが搭載しているのでお馴染みの機能と言えるのではないでしょうか。


カメラ機能はオートモードも便利ですが、手動設定のできる「プロモード」を使用することをオススメします。カメラインターフェイスのデザインが洗練されており、オートの時よりも思い通りの写真に近づけることができるでしょう。メインカメラの画素数は1600万と、この価格帯のカメラの中ではなかなかのモノと言えます。


上の画像はプロモードで撮影した写真です。ライトアップされた東京駅を綺麗に撮影することができました。明るめのレンズですので、フラッシュをOFFにしていもくっきりと撮影できます。


数々のこだわりが搭載されているモデルですが、もう1つのこだわりととして「dtsテクノロジ」によるサウンド面の強化。ハイレゾ対応というわけではありませんが、通常のMP3音源であってもリッチで味わい深い音表現を実現しており、より良い音楽体験を楽しむことができます。


最後にポケモンGOについても少し。このBLADE V7 MAXはジャイロセンサーを搭載しているので、ポケモンGOのAR機能もONにして楽しむことができます。異常とも言えた熱狂が一段落したとはいえ、世界合計5億ダウンロードを記録しているアプリを存分に遊びつくせます。他のスマホゲームについてですが、一部の3D CGキャラが様々なアクションを行うゲームだと多少厳しいところはありますが、最近主流の3D RPG系であれば詰まることなく遊べることでしょう。

SIMフリースマホは種類も増え、どれを選んだらいいのか分からないという声もチラホラと聞こえてきますが、価格面ではもちろん、性能についてもBLADE V7 MAXは十分に満足を得られる端末であると言えるのではないでしょうか。スマホを初めて持つという人はもちろんですが、何台もスマホを使ってきたという上級者が手にしてもらい、「この価格でここまでできるのか!」という驚きを感じ欲しいところです。

※発売前の試作品実際の製品とは若干異なる場合がございます

製品情報

 

ZTE

関連キーワード

オススメのプランはこれ!
人気プランランキング

1

LIBMO

3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る
1

OCN モバイル ONE

音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LINEモバイル

LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る
1

BIGLOBEモバイル

データ通信SMS付き3ギガプラン 3GB/月(タイプD)
1,020 円(税別)
プラン詳細を見る
1

OCN モバイル ONE

音声対応SIM 170MB/日
2,080 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LIBMO

LIBMO 3GBプラン(音声通話付きSIM)
3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る
1

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE 音声対応SIM 110MB/日
音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LINEモバイル

LINEモバイル LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る


ご利用ガイド

営業日について

平日 10:00~17:00
※土日祝日、年末年始、夏季休暇はお休みをいただいております。

返品・交換について

・初期不良につきましては、保証書と商品発送時に同梱している納品書、送り状をご用意いただき商品到着後3日以内に商品ページに記載の連絡先までご連絡ください。メーカーの了承が得られた場合のみ代替品を送付いたします。
・一度お買い上げいただきました商品に関しましては、お客様都合による返品は応じかねます。

お支払いについて

クレジットカード・代金引換をご利用いただけます。
領収書の発行は不可となっております。

掲載料金プランについて

・本サイトで掲載している料金プランに関する情報は、各事業者がウェブサイト等に公開している2018年4月3日時点の情報を独自に収集したものです。
・閲覧されている時点でのプラン料金およびサービスを含む割引金額を保証するものではありません。
・掲載金額については、各種オプションやサービスは含まれていません。

配送について

●佐川急便 全国一律送料無料
※時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。
※お客様都合による再配達時には送料(830円)が発生する場合があります。

納期について

・注文受付後、原則、平日の正午までにいただいたご注文については翌営業日に発送いたします。
※セール/キャンペーン商品を除く
・土日祝日の発送はございませんのでご留意ください。
・商品によっては出荷まで時間がかかる場合があります。
詳細は各商品ページ記載。