2016.9.29
ドローンで自撮りの時代?! DJI「Mavic Pro」が実現する撮影シーンの拡大
2016.9.29

ドローンで自撮りの時代?! DJI「Mavic Pro」が実現する撮影シーンの拡大

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
DJIは9月29日、ドローンの新製品「Mavic Pro」を発表しました。このMavic Proは、同社が一般/プロフェッショナル向けに展開するドローン「Phantom」シリーズと並ぶ、新たな個人向け製品となるもの。

Mavic Proは、最大の特長として、折りたたみ可能な4枚のプロペラを備えており、500mlペットボトル程度のサイズに収納できます。そのため、リュックの隙間やハンドバックに入れて持ち歩くこともできるそう。

重量も743gと、Phantom 4の1380gと比べて大幅な軽量化を実現しつつ、1200万画素の空撮用カメラと小型の3軸ジンバルを搭載し、30fpsの4K動画といった高品質な映像が撮影できます。

加えて、複数のカメラや超音波センサ、GPSなどの位置情報システムと、24個のプロセッサで構成される「FlightAutonomy」システムによる障害物を回避した自律飛行や、離陸時に周囲の映像を記録し、映像と位置情報と用いて誤差数センチの範囲内に着陸させることもできます。

そのため、被写体を追尾するアクティブトラック機能をはじめ、ジェスチャーをカメラが認識するとセルフタイマーで撮影を行うジェスチャーモードや、室内で飛行させるときにMavic Proのスピードを制限して、より安定した飛行で正確な構図をとるトライポッドモードといった豊富な撮影機能により、あたかもドローンを“自撮り棒”の代わりに使って撮影できるとのこと。

さらに、プロポを用いずスマートフォンだけでの操縦にも対応するなど、従来の安定した飛行性能や安全面での配慮はそのままに、いっそう手軽にドローンによる空撮が行えるようになっています。

こうしたコンパクトで容易に持ち運べるドローンの展開については、先日GoProが「カメラ(HERO5)のオプション」に例えて発表した、折りたたみ式ドローンの新製品「Karma」のコンセプトにも通じるところがあります。

ドローンにはさまざまな規制があり、どこでも手軽に飛ばして撮影するというわけにはいきませんが、例えば荷物の取捨選択が重要な課題となるアウトドア活動において、重量やサイズ面での制約からドローンによる空撮をためらっていたようなユーザーにとっては、これまで撮影できなかった場面での利用機会を広げるものとなりそうです。
nova3

関連キーワード