2016.11.1
「これってなんて意味?」IT業界で頻発するワードを学ぶマンガコラム
2016.11.1

「これってなんて意味?」IT業界で頻発するワードを学ぶマンガコラム

大原絵理香
大原絵理香
sim通

powerd by goo Simseller

予約受付中 P20lite らくらくセット
ビジネスシーンにおいて、聞いたことはあるけど、いまいち意味が分からない言葉ってありませんか?聞けばよいのですが、ちょっと聞きにくかったり、恥ずかしかったり。IT業界をはじめとして各種の分野で使われている新しい用語の意味を、新入社員といっしょに学んでいきましょう!

登場人物

・新人社員:IT企業に入社した、新卒1年目の女の子。がんばって早く仕事を覚えたいけれど、なかなかうまくいかない。たまに天然な部分が見え隠れするが、本人は否定している。

・先輩社員:新人社員のOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング=現場での実務教育)係。とても仕事ができるため、同部署からはもちろん、他部署からも頼りにされている。上手に教えてくれるが、IT業界に長くいるため、自分の当たり前と新人ちゃんの当たり前に差異が生じていることも。
<マンガ>
ついに打ち合わせデビュー!研修期間に学んだことを披露するチャンス到来です。しかし、IT業界特有のワードに混乱している様子……。


▼解説・使い方例


・エビデンス
 ビジネス上で、「言った/言わない」などの齟齬を防ぐために大切になってくるエビデンス(証拠、根拠)。「メールでエビデンスをとる」などとも使われます。込み入った話やお金の話などをする時は、必ずエビデンスをとり、共有して進めていきましょう。

 使い方例:打ち合わせ後、エビデンスのために、関係者に内容をまとめてメールしておこう。

・サマリー
 要約、概要、要点などを意味する英単語。長い文章や大規模データを要約したものが多い。レジュメということもありますが、レジュメは「履歴書」という意味合いが強いため、サマリーを使う人のほうが多いです。

 使い方例:今回の会議はきちんとした議事録ではなく、サマリーレベルのものでかまいません。

・レジュメ
 レジュメは発表内容や講演内容などを簡潔に記載した資料のこと。「履歴書」の意味でも使われることがあります。

 使い方例:打ち合わせで話す予定の議題などを、レジュメにまとめておいてください。

・リマインド
 リマインドとは「気付かせる」「思い出させる」といった意味です。ここでは、出席者の中で忘れている人がいる可能性があるから、メールを送って確認してもらうという意味です。予定が2週間後、3週間後の場合は、当日が近くなったらリマインドメールを送ったり、一言かけてあげるたりすると、円滑に進みます。

 使い方例:次回の会議まで時間が空いてしまうから、会議前にリマインドメールを送っておこう。

予約受付中 P20lite らくらくセット

関連キーワード