2016.11.2
日産、ガソリンで発電して100%モーターで走る「ノートe-POWER」を発売
2016.11.2

日産、ガソリンで発電して100%モーターで走る「ノートe-POWER」を発売

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
日産自動車は11月2日、人気コンパクトカー「ノート」の新シリーズとして、100%モーターで駆動する「ノートe-POWER」を発売しました。

このノートe-POWERでは、ガソリンエンジンと発電機、インバーター、モーターが一体化した動力伝達装置と、高電圧バッテリーで構成される新システム「e-POWER」を搭載。

e-POWERの特長として、エンジンと小型モーターを併用して駆動するパラレルハイブリッド方式とは異なり、ガソリンエンジンで発電した電力をバッテリーに蓄え、同社の電気自動車(EV)「日産リーフ」にも搭載される大出力モーターで駆動するというシリーズハイブリッド方式を用いています。

そのため、一般的なハイブリッドカーと同じく充電が不要で、燃費は37.2 km/L(e-POWER Sグレードの場合)を実現。モーターならではのレスポンスの良さや、なめらかな加速、走行時の高い静粛性など、EV同様のメリットも実感できるとのこと。

日産では今後もさまざまなマーケットのニーズに応えるため、今回のe-POWERを含め、燃料電池車など多様なEV技術を開発していく方針とのことです。

関連Q&A:「燃費向上にはガソリンエンジンで発電機を回せば?
     「エンジンの発電による電気自動車は可能でしょうか?

夏休みファイナルセール

関連キーワード