2016.11.4
iPhoneアプリでドライアイをチェック 予防や回復促進に 順天堂大学眼科が開発
2016.11.4

iPhoneアプリでドライアイをチェック 予防や回復促進に 順天堂大学眼科が開発

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
順天堂大学は11月2日、Appleが公開している医学研究サポートのオープンソースフレームワーク「ResearchKit」を使用した、世界で初のドライアイや眼精疲労などの症状と生活習慣の関連性を明らかにするためのアプリ「ドライアイリズム」をリリースしたと発表しました。日常から正確な情報を集めることで、症状の予防や回復の促進を目指すとのことです。

ドライアイは、日本に2,200万人、世界に10億人いると推測されている最も一般的な眼科疾患ですが、多くのひとが診断を受けず、眼精疲労や眼痛、頭痛、自覚視力の低下、肩こりなど、QOL(生活の質)を下げる原因になっています。

ドライアイリズムは、ドライアイや眼精疲労などの目の症状を「ドライアイ指数」という形でチェック。「実用視力」「まばたき回数の測定」「ドライアイ質問紙票(OSDI)」を用いてドライアイ指数を計測します。ドライアイ指数はSNSにシェアすることも可能です。

また、運動や睡眠時間、日々のストレス、便の回数、水分摂取量などの生活習慣を同時に計測することで、ドライアイと生活習慣の関連性をユーザー自身が確認することもできます。同時に、同大学ではそれらのデータ結果を収集し、それぞれの疾患の早期発見、診断、治療の開発に役立てるため研究。データの提供はアプリ上で同意したユーザーのみが対象で、いつでも参加の注視ができ、個人の特定に結びつくような情報は一切ないとのことです。

研究代表者は同大学医学部眼科学講座の猪俣武範助教。ドライアイリズムで実施する臨床研究は、すべて同大学倫理委員会の審査を経て正式に承認されています。

ドライアイリズムは無料。iOSで提供されています。

・ドライアイリズム

  • App Storeダウンロード


【関連記事】
急増する「スマホ老眼」 眼科医が指摘する要注意症状は「肩こり」「頭痛」

【関連Q&A】
健康管理にスマホアプリ、活用していますか?
nova3

関連キーワード