2016.11.17
「ポケモンGO」開発チームがベストチーム・オブ・ザ・イヤー受賞 海外で配信スタートした背景などを披露
2016.11.17

「ポケモンGO」開発チームがベストチーム・オブ・ザ・イヤー受賞 海外で配信スタートした背景などを披露

mi2_303
mi2_303
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
顕著な実績を残したチームを表彰する「ベスト・チーム・オブ・ザ・イヤー2016」が16日に開かれ、リオ五輪の体操男子団体チームなどとともに、社会現象にもなったスマートフォン向けアプリ「Pokémon GO(ポケモンGO)」の開発に携わった「ポケモンGOチーム」が最優秀賞を受賞しました。

「ポケモンGO」はAR技術や”ポケモン”の世界感が多くの人を惹きつけ、発表と同時に一大ブームに。今回、ポケモンGOチームは、日本発のゲームが国を超えたチームのコラボレーションにより、世界的な成果を生んだことを評価されての受賞となりました。

ナイアンティック日本法人 代表取締役社長の村井説人氏は「ポケモンGOは、野村(ナイアンティック日本法人の野村達雄氏)が2014年のエイプリルフールにポケモンチャレンジ(※)を行ったことががきっかけとなって生まれました。位置情報ゲームを開発しているナイアンティック社と、世界的に有名なポケモン株式会社がタッグを組んで共通のビジョンを持ち、チーム一丸となって作り出したものがこのポケモンGOです」と誕生秘話を明かしてくれました。

※ポケモンチャレンジ
2014年4月1日に行われたGoogleのエイプリルフールイベント。人類史上最難関のポケモンマスター採用試験を行うとし、Googleマップのアプリ上で151種類のポケモンを登場させました。

日本だけではなく、海外の技術者も参加したチームでの開発を行ったことについては、「チームみんなが”家の外にゲームを持ち出そう””より健康的なゲームを作ろう”という共通のビジョンに基づき、会社、国境、言語、文化、さまざまな障壁を乗り越えて真摯にコミュニケーションをしてそれぞれの意見を尊重しながら開発に努めました」そうです。

開発リーダーを務めるナイアンティック日本法人の野村達雄氏は、国をまたがる難しい開発について「開発チームはナイアンティックの本社(アメリカ)にあり、時差や言語の壁もあります。そこで、大事にしたキーワードが”オーバーコミュニケーション”です。毎週のTV会議にプラスして開発チーム全員が参加するメーリングリストを作成し、ちょっとでも何かわからないことがあればそこに投げて、お互いが今何を考えているのか、どうなっているのか確認する努力をしてきました」と語りました。こうした密接なコミュニケーションを大切にしたことが成功の秘訣だったようです。

株式会社ポケモン 専務執行役員の宇都宮崇人氏は、「チームとは?」という問いに対して「同じビジョンを共有し、一人ひとりが出来ることに全力を注ぐ」と提示し、「ポケモンGOのチームは、サッカーで言うとブラジル型。個人技に長けたメンバーが多く、バックグラウンドや特性も多様ななかで、それぞれのメンバーが驚くような結果を出してくる。ひとつのビジョンでまとまっているからこそ、最終的にひとつの結果にうまくつながっている」とポケモンGOチームを分析していました。

ポケモンGOの配信が日本ではなく、オーストラリアからスタートしたことについて、野村氏は「ポケモンGOの開発は英語で行っています。このゲームはみんなが一斉にサーバーにアクセスするので、ユーザーがどのように伸びるのかを見ていななければなりません。アメリカ(のような大きな国)でローンチすると、大量のアクセスでサーバーが落ちる可能性があります。ユーザー数が適度で、なおかつ英語圏であるオーストラリアなら、ナイアンティックが把握しやすい、ということがオーストラリアからスタートした理由です」と話してくれました。

日本配信時の裏話として「アメリカでローンチしたあと、すぐに日本でもローンチするつもりだったんですが、想定外の反響があったため、日本での配信に備えてサーバーが落ちないよう増強しました。それが日本でのローンチが遅れた理由です」との秘話も。野村氏は「Ingress(イングレス)」を配信した経験から、ある程度の数の読みはあったそうですが、ポケモンGOへの反響は予想をはるかに超えていたと明かしました。

幅広い年齢層の開発チームの中にあって、若いリーダーである野村氏のエピソードも語られました。宇都宮氏は「石原(ポケモン 代表取締役社長の石原恒和氏)は人を見る目があります。当時28歳の野村さんはGoogleマップのエンジニアで、ゲームを作ったことがなかったんですね。それを石原が『野村君がトップでやるんだったら、ポケモンは乗る』と言ったんです。他の会社の人事によく口を出すなあと思ったんですけど」と語って笑いを誘いました。「野村さんが初めてゲームを作るということでサポートせざるを得ないですし、とてもチャーミングな人で」自然にチームワークが生まれたのだと言います。


ベストチーム・オブ・ザ・イヤーは、ほかにも大ヒット中の映画「君の名は。」チーム、113番元素(ニホニウム)発見チーム、世界唯一の足こぎ車いすCOGYプロジェクトチームが受賞しました。


夏休みファイナルセール

関連キーワード