2016.11.25
パイオニア、ビッグデータで事故を先読みする運転支援システム「Intelligent Pilot」を発表
2016.11.25

パイオニア、ビッグデータで事故を先読みする運転支援システム「Intelligent Pilot」を発表

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
パイオニアは11月25日、IoTデバイスを用いた先進運転支援システム「Intelligent Pilot(インテリジェント パイロット)」を発表しました。

このシステムは、すでに販売されている安全運転支援システムのない自動車に対して、ドコモのLTE回線を用いた常時通信型IoTデバイスを後付けすることで、事故の発生を未然に防ぐというもの。

特長として、これまで同社が蓄積した事故発生地点データや、事故につながるおそれのある急減速多発地点データといったビッグデータを、信号やカーブといったデジタル地図の属性データと重ねた「事故リスク予測プラットフォーム」を構築。

このプラットフォームに加えて、IoTデバイスに内蔵する位置情報システムやセンサを用いて運転状況を判断し、事故のリスクを先読みして適切な注意喚起や警告を行う「インテリジェントセーフティガイド」機能を搭載しています。

加えて、IoTデバイスに搭載したフロントカメラの映像を解析し、危険運転を検知してドライバーに通知する機能や、事故の衝撃を検知して画像録画や通信を行うドライブレコーダーとしての役割も備えています。

このIntelligent Pilotは、すでに東京海上日動の個人向け自動車保険において採用され、2017年4月から提供予定とのこと。今後、交通事故削減に取り組む幅広い業界に向けて活用を提案していくそうです。


関連Q&A:「いわゆるビッグデータの商業的利用について・・・」
夏休みファイナルセール

関連キーワード