2016.12.9
Optoma×NuForce 全世界で限定300台のイヤホンと、日本でのブランド戦略を発表
2016.12.9

Optoma×NuForce 全世界で限定300台のイヤホンと、日本でのブランド戦略を発表

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
オーディオ機器やプロジェクター製品の販売を手がけるNuForce。このほど、メディア向けのブランド説明会が行われ、同社が発売した、ハイレゾ対応バランスド・アーマチュア・ドライバー型イヤホン「HEM 8」の限定「カッパー」モデルが登場。これは、全世界で300台限定のモデル。HEMシリーズは、同社が手がけるイヤホンのなかでもハイエンドな商品ですが、HEM8はその最高ランクのものです。ハイレゾ音源ではなくても楽曲の表現に深い情感を与えてくれる音質で、低音がしっかりと響き、かつ高音の余韻も余すことなく表現してくれます。

国内メーカーでも優秀なオーディオブランドはありますが、音質とデザインの良さを兼ね備えたブランドは限られます。高額なイヤホンが乱立してきている現在、価格に見合った音質を提供することで、ほかのメーカーとは一線を画しています。

説明会では、ほかにも同社のエントリーモデルともいえるダイナミック型イヤホン「NEシリーズ」や、Bluetoothワイヤレスイヤホン「BEシリーズ」が展示されていました。
BEシリーズは、同社が力をいれているイヤホンのとのこと。
都市での利用を考えられた「BE6i」は、従来のBluetoothイヤホンよりも音質がよく、さらに最大接続距離が30メートル。遠いところまで音が届くということは、接続強度の高さにつながります。Bluetoothとスマホの接続が切れることなく、気持ちの良い音楽体験を約束してくれることでしょう。また、IPX5の耐水モデルとなっているので、突然の雨に濡れたとしても、壊れる心配がありません。

BE Sport3は、「SpinFit」によりイヤホンを装着した際、耳穴に沿って向きを変えることが可能。また2層式TwinBladeで中高域の音質が向上し、さらに密閉度を高めることによって低音もしっかりと響かせてくれます。激しいスポーツでの利用を想定した耳から落ちにくい構造で、重量も約13gと、とても軽量です。これだけ軽いとバッテリーの持ちが心配気になりますが、連続再生時間は10時間。Bluetooth Ver.4.1になって省電力能力が強化されているとはいえ、他に類のない接続時間の長さです。

発表会では、OptomaのYC Chu氏が登壇し、Optomaの歴史を振り返りました。日本での知名度はまだ高くありませんが、今後は高い品質とデザイン性、さらにどこでも気軽にできるという利便性を武器に、若い世代をターゲットトに訴求していく方針を明かしてくれました。
nova3

関連キーワード