2016.12.15
LINEが年末年始に総額5億円のキャンペーン 年末年始限定CMにベッキーを起用
2016.12.15

LINEが年末年始に総額5億円のキャンペーン 年末年始限定CMにベッキーを起用

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
無料通話アプリ「LINE」を運営するLINEは12月15日、年末年始に「年賀スタンプ」で最大100万円のお年玉があたるキャンペーン「LINEのお年玉」を行うと発表。キャンペーン限定のテレビCMのナレーターに起用したタレントのベッキーさんが参加し、発表会を行いました。

キャンペーンは同27日から1月3日までで、対象のお年玉つき年賀スタンプを購入するともらえる「お年玉袋」をLINEの友だちに送ると、送られた相手に総額5億円、最大100万円のお年玉がその場であたります。お年玉袋の送信期間は1月1日の午前0時半から同3日の午後11時59分まで。対象のスタンプはLINEの公式キャラクターやディズニー、ジブリなどのキャラクターが描かれた公式スタンプが13種類、「カナヘイのピスケ&うさぎ」「ゲスくま&毒舌あざらし」などの人気クリエイターズスタンプが10種類の全23種類。当選したお年玉はLINEの決済サービス「LINE Pay」の残高へチャージされます。

発表会に登壇したLINE取締役CSMOの舛田淳氏は「年始のあいさつが大量に交わされる『あけおめLINE』は、LINEの年間最大の“イベント”で風物詩。通常の何倍ものトラフィックで、エンジニアも関係者も毎年臨戦態勢」と明かし、「お年玉のついた年賀状のように、お年玉つきのスタンプで新しいお年玉行事を始めたい」とキャンペーンの目的を話しました。

キャンペーンの開催にあたり、12月31日と1月1日の2日間限定でテレビCMも放送。ナレーションは、LINEがサービスを立ち上げた当初の2011年のテレビCMに出演していたベッキーさんが担当します。

ベッキーさんの起用理由について舛田氏が「大切なひとへのあいさつというコンセプトなので、(CMの効果で)LINEが急成長できた功労者である彼女にもういちどご協力をと思っていた」と話すと、ベッキーさんは「(LINEとは)因縁があるといわれていますが、大丈夫でしょうか」と苦笑。「今はLINEは家族とだけ利用していますが、画像や動画も送りやすくてやっぱり便利。年末やお正月にむけて、ほかのひとともLINEで繋がりたい」と話し、「お年玉が当たっているかその場でわかるのが、お正月の運試しぽくていいですね」とキャンペーンをアピールしていました。


【関連記事】
いまさら聞けないLINEとは? SNSだけじゃないLINEカメラアプリまとめ
nova3

関連キーワード