2017.3.1
自由!?無料!?あのマンガのワンシーンがブログやSNSで使えるWEBサービス「マンガルー」
2017.3.1

自由!?無料!?あのマンガのワンシーンがブログやSNSで使えるWEBサービス「マンガルー」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
伝える内容は言葉で表したい。とはいえ文章だけだと読んでるうちに退屈になりがちで、写真やイラストを差し込んでメリハリをつけたり、画像のインパクトで人目を惹いたりと、試行錯誤の繰り返し。

そんなWEBサイトやブログ、SNSのユーザーに向け、株式会社ムーヤンは2月28日、漫画の画像を無料で使えるWEBサービス「マンガルー」を開始しました。

マンガルーとは、権利者より利用許諾を受けた漫画の好きな箇所を切り出して、ユーザーのWebサイトやブログの記事内で使えるというサービス。「笑顔」「グルメ」「ディスる」「ありがとう」などのキーワードで、切り取り済み画像の検索も行えます。

使用する画像はマンガルーのサーバーから配信され、マウスオーバーすると自動的にコピーライトやネット書店へのリンクが表示されます。共有用URLも生成され、FacebookやtwitterなどのSNSにも画像を投稿できます。

この仕組みより、ユーザーは漫画を使って自由に記事のクオリティを高めることができ、漫画の権利者も作品の不正利用を防ぎながらアピールや販売につなげるという狙いです。なお、サービスの利用に際しては、使用するWebサイトやSNSの事前登録が必要となります。

2月現在の作品として、「ぼのぼの」(いがらしみきお氏)、「ポプテピピック」(大川ぶくぶ氏)、「カイジ」、「アカギ」、「銀と金」(福本伸行氏)、「テンプリズム」(曽田正人氏 原案/瑞木奏加氏)、「おやおやこども」(木下晋也氏)、「ケシゴムライフ」(羽賀翔一氏)、「マルスのキス」(岸虎次郎氏)などが配信されています。

また、4月より「サラリーマン金太郎」(本宮ひろ志氏)が期間限定配信されるなど、2017年内に30,000冊の配信を目標に随時追加する予定とのことです。

【関連記事】
LINEマンガ、全国の書店150店舗でビーコン活用した「LINEマンガ試し読みキャンペーン」実施

nova3

関連キーワード