2017.3.2
塾通いの子どもをiPadで見守り!入退室時の写真を保護者に通知するアプリ「タブレット タイムレコーダー」
2017.3.2

塾通いの子どもをiPadで見守り!入退室時の写真を保護者に通知するアプリ「タブレット タイムレコーダー」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール
多くの小中学生が塾通いをする昨今、帰宅が21時過ぎになることも多いそう。そんな夜遅くまで頑張る子ども達の安全を見守り、かつ保護者の安心もサポートすべく、iPadなどのタブレットを活用したサービスが始まっています。

勤怠管理システムの開発を行う株式会社ネオレックスは3月1日、学習塾などの習い事教室向けに、iPadをタイムレコーダーにするアプリ「タブレット タイムレコーダー」の提供を開始しました。

タブレット タイムレコーダーとは、通常のiPadに専用アプリをインストールすることで、これまでPCやクラウド上で管理していたタイムカード機能をタブレット端末で実現するもの。内蔵カメラで入退室時に本人の顔写真を撮影したり、引継ぎ用のビデオメッセージを記録したりと、タブレットならではの特長も備えています。

これらの機能に加えて、今回新たに子どもの見守り用途に向けて、個別のメール通知機能を追加。送信先が一律となる企業のタイムカードとは異なり、あらかじめ子どもの名前と保護者のメールアドレスを登録しておくことで、学習塾などで子どもが入退室する際に、タッチ操作で顔写真つきのメールを保護者に送信します。

タブレット タイムレコーダーの利用にあたっては、初期費用として10人ごとに1万円(税別)のライセンスが必要となる以外、月額費用は無料とのことです。


関連記事:【みんなはどうしてる?】子どもにスマホは何歳から持たせるべきか
オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード