2017.3.10
日常の備えを万全に いざというときの防災サービスまとめ
2017.3.10

日常の備えを万全に いざというときの防災サービスまとめ

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
2011年3月11日に発生した東日本大震災から6年。大きな災害が起きたときのために普段から備えておく大切さを、改めて強く感じる時期です。いざというときに被害を少しでも軽くするため、参考になりそうなアプリやサービスを紹介した記事をまとめました。

【災害時に活用できるサービスは】

災害時にまず知りたいのは、どこでどのような被害がありうるのかと家族や大切な相手の安否情報。どんなアプリやウェブサービスがあるのか、どうやって使えばいいのかあらかじめ知っておき、速やかな情報収集や連絡手段の確保ができるようにしておくことは大切です。

・災害情報収集に
知っておきたい、災害時にIT機器とサービスを有効活用する方法
いざという時のために備えておきたい「goo防災アプリ」
停電や災害情報をプッシュ通知!東京電力のアプリ「TEPCO速報」登場
緊急速報「エリアメール」「緊急速報メール」が国交省の洪水情報に対応 9月5日から

・家族や知人の安否確認
災害発生時だけ自動で居場所を共有できるミニマルなアプリ「ココダヨ」のAndroid版が登場
災害時には通話より災害用伝言板の利用を

・周囲のひととも協力を
日本気象協会、外国人向け「地震のときの避難の心得」をWebサイトで公開
訪日外国人対応の強い味方!多言語災害緊急機能を搭載したインバウンド接客アプリ「talkapp-i(トーカッピ)」

・普段から危険度チェックを忘れずに
いまいる場所の災害情報がひと目でわかる「ここ大丈夫?」
現在地の地盤リスクが天気予報のようにわかる「じぶんの地盤アプリ」


【もしも災害が起きたら】

被災してしまったときのための非常用持ち出し袋の大切さは浸透してきました。備えていればより不便さを軽減する防災品をチェックしておきましょう。

・身を守るためにはまず灯りを
地震を察知して自動点灯 色の変化で毎日の天気もわかるIoT防災ライト登場!
【編集部おすすめ】5,000mAhバッテリ内蔵でスマホも充電 大光量1000ルーメンの「LEDパワーバンクランタン」

・充電機器も忘れずに
ソーラーパネルで充電も!アウトドア仕様のタフなモバイルバッテリー登場
「くまモンナノ発電所」で手軽にベランダ発電だモン!

・企業の力も頼りましょう
災害時の大容量電源にも活用!トヨタの燃料電池車「トヨタFCバス」が路線バスに登場
行方不明者をすぐに助けるテクノロジーを開発!小型探索機器HITOCOCO

nova3

関連キーワード