2018.5.7
LINEで既読がつかない!ブロックされた時の確認方法とは?
2018.5.7

LINEで既読がつかない!ブロックされた時の確認方法とは?

LINEでメッセージを送っても既読すらつかず、通話をかけても出てくれない場面に遭遇したことはありませんか?もしかしたらそれは「ブロック」されているかもしれません。そんな時に使えるLINEでブロックされた時の確認方法やブロック機能の仕組みについて説明します。
(公開日:2017.3.28)
本宮びわ
本宮びわ
sim通

powerd by goo Simseller

人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール

目次

1.LINEのブロック機能とは?

LINEのブロック機能とは?

ブロック機能とは、簡単にいえば「相手を完全にシャットアウトする」機能です。ブロックした相手とのメッセージのやりとりや通話が一切行うことができなくなります。逆に、ブロックされた場合でも同様に、メッセージのやりとりや通話が一切行うことができなくなります。

たとえば、知らないアカウントや悪徳な迷惑業者と思われるアカウントからメッセージが届いたり、あるいは知人と険悪な雰囲気になってしまったり……。相手からの連絡をこれ以上受け入れたくない、という場面もあるでしょう。そんな時に役立つのがブロック機能です。

ただ、知らない人ならいざ知らず、知人をブロックするのはかなり不安になることでしょう。相手がもし自分にブロックされていることに気づいたら、怒らせてしまうかもしれない、でもそのままにしていたら嫌な気分のまま。どちらを選択するかは自分次第です。そのためにもブロック機能について正しく理解しておくことが大切です。

▲ 目次に戻る

 

2.ブロックするとどうなる?

ブロックするとどうなる?

こちらからブロックする際いちばん気になるのは「相手にブロックされた通知があるかどうか」。結論から言えば、ブロックしても相手に通知されることはありません。ですからブロックしたことがすぐ相手に気付かれる、ということは少ないでしょう。

相手をブロックしたら、自分のLINEには次のような変化があります。

▲ 目次に戻る

2-1.友だち一覧に相手が表示されなくなる

自分の友だち一覧から、ブロックした相手が表示されなくなります。ブロックされた相手の友だち一覧には何の変化もありません。相手の友だちから削除されたわけではないので、自分がブロックを解除したら元に戻ります。

▲ 目次に戻る

2-2.トークルームでメッセージが送れなくなる

それまでの相手とのトーク履歴が消えることはありませんが、メッセージを送ることができなくなります。もちろんスタンプや絵文字、写真なども送ることはできません。

▲ 目次に戻る

2-3.トークルームで相手からのメッセージが受け取れなくなる

相手が自分にメッセージを送ることはできます。しかしスタンプや絵文字、写真も含め、相手が送信したメッセージが自分の画面に表示されることはありません。これが、ブロックされた相手がブロックされたことに気付きにくい理由のひとつです。
ただし、もちろん既読マークもつきませんので、そのうち「もしかして、ブロックされているのでは?」と感づくことはあるかもしれません。

▲ 目次に戻る

2-4.相手からの着信を受け取れなくなる

ブロックされた相手から自分あての通話を試みることはできますが、自分のLINEには着信がありません。相手は、かけ続けている間は通常と同じように呼び出し音がなっている状態が続きます。その他も相手にとっては通常の通話と何ら変わりはありませんので、単純に無視されているのかブロックされているのかの判断はしにくいです。

【関連記事】
LINEでブロックしてもメッセージは届くの?

▲ 目次に戻る

2-5.ブロックした相手と同じグループトークに参加している場合は

ブロックした相手が同じグループトークにいる場合どうなるでしょう。その場合ですが、そのトークに参加している全員に自分のメッセージが読まれます。グループ通話も以前と変わりなく行えるので、もしブロックした相手が同じグループトークに参加している場合、完全に視界に入れないようにするのは難しくなります。

グループトークの場合だと、「既読」の後ろにそのトークのメンバーのうち何人がそのメッセージを読んだかを表す数字がつきます。この数字が、ブロックされた人とその他の人で異なることがあります。

▲ 目次に戻る

2-6.グループトークへの招待が届かなくなる

ブロックしている相手が自分をグループトークに招待しても、通知は届きません。
以前はブロックしている相手からでもグループトークへの招待だけはなぜか届いていました。そのため、そのグループトークの名前でメッセージを送ったり、いたずらにグループトークへの招待を特定のユーザーに送り続けたりなどの嫌がらせも横行していました。現在は一切届くことがありません。

▲ 目次に戻る

2-7.相手のホームへの投稿が自分のタイムラインに表示されなくなる

自分のタイムラインで、ブロックした相手の投稿を見ることができなくなります。ただ自分や他のユーザーへのコメントや「いいね」などは確認することができます。その履歴から相手のホーム画面に飛び、相手の投稿を閲覧することは可能です。

▲ 目次に戻る

2-8.【番外編】LINEと連携したゲームのランキングはどうなる?

LINEの魅力のひとつである、さまざまな連携ゲーム。もしお互いに同じゲームをしていて、自分が相手をブロックした場合、そのランキングはどうなるのでしょうか?

LINEで相手をブロックすると、ランキングにその相手が表示されなくなります。スコア確認はもちろん、「ライフ」を送ったりすることもできません。ただし、相手のランキングには自分は表示されたままです。送られた「ライフ」は自分も受け取ることができますが、相手の名前は「unknown」と表示されます。

▲ 目次に戻る

 

3.ブロックされたらどうなる?

ブロックされたらどうなる?

もし自分がブロックされたら、自分のLINEにはどのような変化があるのでしょうか?改めて確認してみましょう。

▲ 目次に戻る

3-1.メッセージを送っても「既読」がつかなくなる

「既読」がついたかどうかは、ブロックされているかどうかを判断するための重要な要素のひとつ。「既読」がついたのなら、返信がこなくてもブロックされていないと考えてよいでしょう。

▲ 目次に戻る

3-2.相手に無料通話をかけても出ることはない

電話をかけても呼び出し音が続き、相手が応答することがなくなります。ふだんのかけてもつながらない場合と変わりませんが、何度かけても折り返しの連絡が不安になるものです。

【関連記事】
知っておくと便利!LINEの電話番号にまつわるあれこれ

▲ 目次に戻る

3-3.相手のホームへの投稿が見られなくなる

ブロックされた場合、自分の友だち一覧に変化はありません。しかし、そこからホーム画面に飛ぶと、相手が投稿していたとしても「まだ投稿がありません」と表示されます。過去に投稿を見たことがあれば、異変に気付くでしょう。

このように、自分がブロックされた場合は、変化らしい変化がありません。そのためブロックされていたとしてもしばらく気付かないということは、往々にしてあることです。あまりやりとりをしない相手であれば、ずっと気付かないこともあり得るかもしれません。

▲ 目次に戻る

 

4.相手をブロックする方法、ブロックを解除する方法

相手をブロックする方法、ブロックを解除する方法

次にLINEのブロック方法について説明します。

▲ 目次に戻る

4-1.相手をブロックする方法

相手をブロックする方法は2つあります。

●友だちリストからブロックする方法

友だちリストからブロックする方法

友だちリストから、一覧からブロックしたいユーザーを見つけ、iPhoneなら左にスワイプ、Androidなら長押しします。すると「非表示」と「ブロック」という選択肢が出てきますので「ブロック」をタップしましょう。これでブロックが完了です。

友だち編集設定画面

ブロックしたいユーザーが複数いる場合は、まとめてブロックすることが出来ます。iPhoneは友だち画面の左上、Androidは友だち画面右上のメニュー内の「友だち編集」ボタンをタップすれば、まとめてブロックすることができます。

●トーク画面からブロックする方法

トーク画面からブロックする方法

まず、ブロックしたいユーザーとのトーク画面を開きます。右上にトークのメニューボタン(「∨」)があります。これをタップするとメニューが開くので、「ブロック」をタップすれば完了です。

プロフィール表示画面

友だちに追加する前のユーザーをブロックすることもできます。トークグループ内の友だちになっていないユーザーや、友だち一覧の画面にある「知り合いかも?」に表示されているユーザーは、アイコンをタップしてプロフィールを表示するとブロックボタンが現れます。そこからブロックが可能です。

▲ 目次に戻る

4-2.ブロックを解除する方法

ブロックを解除する方法は3つあります。

●ブロックリストから解除する方法

ブロックリストから解除する方法

「ブロックリスト」とは、ブロックしている人が一覧にまとめられたものです。ブロックリストを確認するためには「…」と表示されている「その他」をタップし、右上の歯車マークをタップしてください。すると、アカウントの設定画面が開かれます。

アカウントの設定画面

一覧の「基本設定」にある「友だち」を選択すると、下部に「ブロックリスト」があります。カッコの中の数字は、現在ブロックしているアカウントの数です。

ブロックリスト画面

「ブロックリスト」をタップすると、現在ブロックしているアカウントの一覧が表示されます。ブロックを解除したいアカウントの「編集」ボタンをタップし、「ブロック解除」を選択すればブロックが解除され、友だち一覧に再び表示されるようになります。相互に使える機能も、ブロック前と変わりはありません。

ここで「削除」を選択すると、友だち一覧から完全に相手を削除することができます。ただし、削除してしまうと再度友だちにならない限り復元できません。よく考えてから実行するようにしましょう。

●相手とのトーク画面から解除する方法

相手とのトーク画面から解除する方法

相手のトーク画面がまだ見られる状態であれば、ここからもブロック解除できます。相手のトーク画面の右上の「∨」をタップして表示されるメニューの中から「ブロック解除」を選択してください。

アカウントの設定画面

Androidアプリでは、ブロックしている相手とのトーク画面を表示すると「追加」「ブロック解除」「通報」の3つのボタンが表示されています。そのうち「ブロック解除」を選択することでも、解除することが可能です。

●相手のアカウントをタップして表示されるポップアップから解除する方法

これは、ブロックした相手と同じグループトークに参加している場合などに便利な方法です。解除したい相手のアイコンをタップすると、ポップアップが表示されます。そのポップアップの「ブロック解除」を選択すると、解除することができます。

また、このポップアップは相手のホーム画面のアイコンをタップすることでも表示されます。しかしブロックした相手のホームには、「いいね」やコメントの履歴からしか行けませんので、この方法を選ぶ必要はないでしょう。

▲ 目次に戻る

 

5.ブロックされているかどうか確認する方法

ブロックされているかどうか確認する方法

ブロックされても通知がこないのは前述のとおりです。しかし、ブロックされているかどうかを知る方法がまったくないわけではありません。そこで、ここではブロックされているかどうか調べる方法を紹介します。

※LINE自体にはブロックされていることを知れる機能はないため、ブロックされると使えなくなる機能を使っての間接的な調べ方になります。100%ブロックされている、という確証を得られるものではありませんので、参考程度にとどめてください。

▲ 目次に戻る

5-1.スタンプや着せかえをプレゼントしてみる

ブロックされていると、相手にスタンプや着せかえをプレゼントすることができなくなります。以前は、プレゼントしようとすると「この友だちにはプレゼントする事ができません。他の友だちを選択してください」と表示されていました。これはブロックされている相手だけに表示される文言だったため、簡単に確認することができたのです。

しかし、アップデートによりエラー文として「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」と表示されるように変更されました。つまり、プレゼントできないことには変わりありませんが、ブロックされているからプレゼントできないのか、本当にそのスタンプや着せかえを持っているからプレゼントできないのかを判断できなくなったのです。

Android版のLINEアプリでは、スタンプや着せかえをプレゼントすることができます。どのスタンプをプレゼントしようとしても購入画面に移ることができなければ、ほぼブロックされていると思って間違いないといえるでしょう。

▲ 目次に戻る

5-2.相手のホームや自分のタイムラインを確認してみる

相手がホーム画面の画像を頻繁に変えたり、タイムラインに投稿することが多い人であれば、相手のホームや自分のタイムラインに相手の投稿や変化があるかどうかを確認してみましょう。ホーム画面に「まだ投稿がありません」と表示さていたり、タイムラインで見えていたはずの相手の投稿が表示されていなかったりすれば、相手にブロックされた可能性が高いと考えられます。ただ、相手が投稿を削除したという可能性も残っています。

▲ 目次に戻る

5-3.反応がない相手のステータスメッセージやBGM、プロフィール画像の確認

ブロックしていても、相手の画面上で自分がおこなった変更が反映されるものがあります。友だち一覧で確認できるプロフィール画像やステータスメッセージとBGMです。

「送ってしばらく経つけど既読がつかない」と思っていたところで、ふと目にした友だち一覧で、表示されているアイコンや「ひとこと」が変わっていたら「あれ?」と思うでしょう。もちろん送ったメッセージが未読状態のまま無視されている、あるいは他の通知に埋もれて気付かれていない可能性もありますので絶対にブロックされているとは言えません。

▲ 目次に戻る

5-4.複数人のトークルームで確認する方法

同じグループトークに参加しているユーザーからブロックをされていも、そのグループトークの中では相手の発言が見えなくなったり、自分の発言が相手に見えなくなったりすることはありません。しかし、ひとつだけ以前と変わることがあります。「自分の発言につく既読の人数」です。

自分をブロックしている相手が自分のメッセージを読んでも、既読にはなりません。ですから、全員が読んだにも関わらず、「そのグループトークに参加している人-自分をブロックしている人」の数しか既読がつかないのです。もし自分のあとに全員が発言しているのに、既読の数が参加人数と異なれば、その中の誰かがあなたをブロックしている可能性が高いというわけです。

繰り返しになりますが、これらはあくまで「ブロックされている可能性ある」ということを確かめる方法にすぎません。「ブロックされてしまった」と早まらないように気をつけましょう。

▲ 目次に戻る

 

6.ブロックを解除したあとの見え方について

ブロックを解除したあとの見え方について

相手をブロックしている間も、相手側の自分とのトークルームでの表示が変わらないということは、「相手はひたすらメッセージを送り続けることができる」ということでもあります。ブロック解除した後、ブロックしている間に送られてたまったメッセージはどうなるのでしょうか?ここでは、ブロックを解除した後のことについてご説明します。

▲ 目次に戻る

6-1.ブロック解除後、ブロックされていた時に送ったメッセージは届く?

ブロックしていた相手をブロック解除すると、相手が送っていたメッセージが一気にくるかもしれないと考えると、少しこわい気持ちになるかもしれません。けれども、ブロックしている間に相手が送ってきたメッセージは、ブロック解除後もトークルームに表示されることはありません。反対に、自分にメッセージを送っていたかを確認する手段もないということです。ブロック中の着信についても同様です。

ここで気をつけたいのが、「ブロックしている間に相手がメッセージを送っていたり、電話をかけていたりした場合、削除していない限り相手のトークルームには残っている」という点です。自分が読んでいないメッセージには既読がつかないので、もしブロック解除後に自分宛にメッセージが送られてきたら、既読がついていないメッセージのあとに既読がついているメッセージがあることになります。ブロックしていたことを悟られたくない場合は、注意が必要です。

▲ 目次に戻る

6-2.ブロック解除後、ブロックしている/されている間のホームへの投稿は見られる?

ブロック解除後のホームへの投稿は、している側かされている側かで見られるかどうかが変わってきます。

ブロックされていた人は、ブロックが解除されてもすぐに相手のホームへの投稿を閲覧できるようにはなりません。なぜなら、ブロックされる前は公開設定になっていたとしても、ブロック解除後は、自動的に自分に「非公開」になる設定だからです。相手が自分に公開する設定を行ってはじめて、投稿を読むことができるようになります。

また、ブロックを解除するより前の投稿は、自分のタイムラインには表示されません。相手がホームへの投稿を自分へ公開する設定にしているのなら、相手のホームをさかのぼってブロックされている間の投稿も見ることができます。

自分のほうがブロックしていた場合は、ブロック解除後自動的に相手を非表示にする設定はありません。相手のホームを訪ねれば問題なく投稿を見ることができます。ただし、ブロック解除以前の投稿がタイムラインに表示されないのは、ブロックされていた場合と同様です。確認したい場合は相手のホームを訪問する必要があります。

▲ 目次に戻る

7.まとめ

まとめ

LINEはコミュニケーションツールですから、ユーザー同士のトラブルは起こりやすいものです。TwitterやFacebookなどとの違いは「実生活とリンクしやすい」という点があげられます。実際に会ったことのある友人や知人を完全にシャットアウトするのは、非常に勇気がいることですし、のちのち角が立つかもと考えるとなかなかブロックするという行為には踏み出せないでしょう。

また、自分がブロックされているかもしれないことに気付いたら、ショックが大きいものです。でも、もし身に覚えがないのなら、気にしないのがいちばんです。既読にならなくても相手が忙しいだけかもしれませんし、もしブロックされていたとしても、自分に不快な感情を抱いているとは限りません。

「ブロックをされているかもしれない」、「なぜ、既読にならないの!」といろいろ考えてしまいストレスを感じる場合は、共通の知人などにそれとなく聞いてみることをおすすめします。「○○さんにブロックされた!」と公言するのは、どんなに自分に非がなくてもマイナスのイメージにはなります。さらなるトラブルをも引き起こしかねないので、できるだけ控えたほうがよいでしょう。

※掲載しているスクリーンショットはすべてAndroidアプリの画面です。

▲ 目次に戻る

人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール

関連キーワード