2017.3.17
注意!マイクロソフトのInternet ExplorerとWindowsの脆弱性でPC乗っ取りの可能性 すでに悪用も
2017.3.17

注意!マイクロソフトのInternet ExplorerとWindowsの脆弱性でPC乗っ取りの可能性 すでに悪用も

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
情報処理推進機構(IPA)は3月15日、Microsoft 製品で発見された複数の脆弱性について注意喚起を行いました。

マイクロソフトは3月15日現在、緊急9件、重要9件となる計18件の新規セキュリティ情報を公開。このうちInternet Explorerに関する脆弱性(ID:MS17-006)および、Microsoft Windows、Microsoft Office、Skype for Business、Microsoft Lync、Microsoft Silverlightに関する脆弱性(ID:MS17-013)について、すでに悪用された事実を確認しているとのこと。

IPAでは、これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってPCを制御されたりして、さまざまな被害が発生する可能性があると指摘。今後被害が拡大する可能性があるため、至急、Windows Updateより修正プログラムを適用するよう呼びかけています。


【関連記事】
マイクロソフト、セキュリティチームを装った不審メールが配信 「開かずに削除」を

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード