2017.3.22
アウトドアで一般家庭4日分の電力を確保!?プリウスに後付けできる外部給電キット「LifePlug」
2017.3.22

アウトドアで一般家庭4日分の電力を確保!?プリウスに後付けできる外部給電キット「LifePlug」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
災害などで停電が発生した場合、大容量バッテリーを備える電気自動車や発電能力を持つ燃料電池車を“動く電源”とする取り組みが進んでいます。そうした細やかな電力確保の動きをさらに密にすべく、すでに広く普及しているハイブリッドカーを活用した製品も登場しています。

防災製品の販売などを手掛ける株式会社ファイテックは3月18日、自動車部品などの開発を行う原田車両設計株式会社と共同で、ハイブリッドカー用の外部給電キット「LifePlug ライフプラグ」を愛知県豊田市に寄贈しました。

LifePlugとは、ハイブリッドカーに搭載されている駆動用高圧バッテリーを電源として、家庭用と同じ100Vのコンセントから最大1500Wの電力を取り出せるというもの。

特長として、自動車のトランク内部に後付けで設置できるため、すでに使用しているマイカーや中古車でも、TVや冷蔵庫、電子レンジといったさまざまな家電製品を使用できるようになります。

一例として30系プリウス(ZVW30)の場合、駆動用バッテリーがフル充電、かつエンジン発電用にガソリンが満タンの場合、外部供給できる電力量は55kWhとなります。これは、一般家庭が1日に使用する電力量を10kWhとして、アウトドアで約4日分の電力を賄えるとのこと。

さらに具体的には、炊飯器で400回の炊飯、もしくはスマートフォン4000台のフル充電に相当するため、災害時における非常用電源としての活用も期待できます。ほかにも、パトカーに搭載することで大規模停電時に信号を点灯させるといった、インフラ復旧までの事故防止にも役立てることができるそう。

なお、取り付けはトヨタのディーラーや指定工場で1~2時間程度で行えますが、現在では30系プリウスのみ対応とのこと。今後さまざまな車種に対応するよう開発を進めています。

このLifePlugについては、豊田市において4月1日より購入補助制度が適用されるそうです。


【関連記事】
災害時の大容量電源にも活用!トヨタの燃料電池車「トヨタFCバス」が路線バスに登場


nova3

関連キーワード