2014.2.28
スマホとガラケー2台持ちはホントにおトク?【一問一答】
2014.2.28

スマホとガラケー2台持ちはホントにおトク?【一問一答】

SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
教えて!gooに『〈通話料〉iPhone5との2台持ち』という質問が寄せられていました。

MVNO SIMを購入する際に多くの人が悩むのが、いわゆる「ガラケー」と呼ばれる携帯電話の通話だと思います。通話付きのSIMも存在していますが、取り扱っているメーカー・プランとも少なく、選べるほどの種類がありません。そこで多くの人が利用するのが、スマホとの2台持ちという選択肢です。


調べてみたところ、主要3キャリアであるNTTドコモ、au、SoftBankの最も安いプランでの基本料金は1,685円/月(内訳:基本プラン+インターネット接続基本料+パケット定額プラン)となっており、通話料金は30秒あたり21円(テレビ電話:37.8円)。無料通話や通話料金半額などのサービス、キャリアによって若干異なります。しかし、このプラン例は基本的に待ち受けのみで、電話を殆どかけない人向けだと思いました。

電話を頻繁に利用するという人にとっては、やはりWILLCOMの「だれとでも定額」がお得です。1回あたり10分以内の国内通話という条件はあるものの、月500回まで10分以内の無料通話ができるのは魅力です。月額は2,430円と上記プランよりも割高に感じるかもしれませんが、通話無料に加え、WILLCOMアドレスへのケータイ送受信メールがWILLCOM同士だけでなく他社ケータイも無料なのが嬉しいポイントです。

もちろん利用方法によって選択するキャリアやプランはじっくりと検討してもらいたい所ですが、2台持ちのメリットというのは何も料金が安くなるということだけでなく、通信の分散ができる点です。選択したキャリアによってはメール通信によるパケット料金が発生しますが、毎日、毎月のデータ使用量が制限されるMVNO利用者にとっては料金がかかるというデメリットよりも、ケータイの使い方を固定することにより受けられるメリットのほうが多いように感じます。

また、MVNO SIMでも「データ通信は殆どしない」、「Wi-Fiを活用している」という人であれば、050 plusやSkypeといったVoIPアプリなどを使用してみるのも賢い選択肢であると思います。

自分にあった通話方法を選択することで、より良くMVNO SIMを活用できるので、さまざまな方法論をよく検討し、お得でスマートな使い方をマスターしてみてはいかがでしょうか。

教えてgoo!:>> 〈通話料〉iPhone5との2台持ち

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード