2014.5.9
【おトクに電話を】データ専用格安SIMでの活用法!
2014.5.9

【おトクに電話を】データ専用格安SIMでの活用法!

SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
『OCN モバイル ONE』をはじめとするMVNO SIMを利用すれば月額1,000円未満で、低価格LTEによる高速通信が利用可能になります。ただ1,000円をきる格安SIMは、データ通信専用のため、090や080といった電話番号での通話はできません。

データ専用格安SIMをタブレットで使う場合には問題ないのですが、スマホで使う場合には、「音声通話もできればな・・・」とちょっと割り切りにくい部分でもあります。そこで考えたいのが、IP電話アプリです。これは、音声回線を使わず、データ通信回線を使って通話を可能にするもので、いくつかの会社がサービスを提供しています。

050から始まる電話番号を取得できるので、『LINE』のようにアプリ間の通話だけではなく、携帯電話や一般電話に通話もできますし、着信も可能です。そのうえ、通話料が圧倒的に安いのも魅力です。そんないいことずくめのIP電話ですが、各社から様々なアプリが登場しています。どれがベストとは言い切れないのですが、ここでは代表的なものを3つ紹介したいと思います。


■代表的なIP電話について

①『050 plus』
NTTコミュニケーションズが提供するIP電話アプリ。月額324円(税込)がかかりますが、高い通話品質と、一般電話への通話が3分8.64円(税込)と最安値なところ、電話番号の取得がある程度任意に可能なことが魅力です(下2ケタを指定して空いている番号があれば取得できます)。Webでの登録の際、電話番号が必要で、別途NTTコミュニケーションズより、本人確認電話での認証が必要となります。支払いはクレジットカードのみのため、クレジットカードがない場合は契約できません。また、『OCN モバイル ONE』にはこの050 plusがセットになっているプランも用意されており、そちらを使えば月額基本料金が半額の162円(税込)になります。さらなるコストダウンを考えている方は、最初からこのプランを選択するのも良いのではないでしょうか。

②『SMARTalk』
フュージョン・コミュニケーションズが提供するIP電話アプリ。月額無料で、着信転送が可能なところが魅力です。他のサービスと比べると、一般電話への通話が30秒8.64円(税込)と割高です。「SMARTalk」は、「IP-Phone SMART」を利用するための初期設定が、すでに完了しているので、アカウントとパスワードを入力するだけで、すぐに利用可能です。こちらも支払いはクレジットカードのみのため、クレジットカードがない場合は契約できません。

③『LaLa Call』
ケイ・オプティコムが提供するIP電話アプリ。月額108円(税込)がかかります。月額料金が安い代わりに、携帯電話への通話が1分19.44円(税込)と他のIP電話アプリより、割高となります。また、アプリをインストールする前に「eoID」というアカウントを取得して、申し込む必要があります。そのため、いきなりアプリを起動しても利用できません。支払いはクレジットカードのみのため、クレジットカードがない場合は契約できません。

これ以外にも、『050Call』『G-Call』『BIGLOBEフォン・モバイル』など様々なサービスがあります。料金、機能、契約形態がそれぞれ違っていますので、自分の目的に合致したものを探してみるとよいと思います。

>関連リンク
スマホ用IP電話アプリの進化を実感! 050 plus新旧バージョンを試してみた!!
http://sim.oshiete.goo.ne.jp/colum/20140305/


IP電話アプリ「050plus」と「SMARTalk」を使ってみた!
http://sim.oshiete.goo.ne.jp/colum/20131024/

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード