2014.5.19
ついに自販機まで登場!空港・書店、MVNO SIMの意外な販売店
2014.5.19

ついに自販機まで登場!空港・書店、MVNO SIMの意外な販売店

SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
MVNO SIMは、サービス提供業者のサイトから購入する、というのが一般的ですが、最近では新しい流れも生まれているきているようです。MVNO SIMをネット以外で取り扱う店舗が急増しており、全国の家電量販店をはじめ、書店、コンビニなどでもMVNO SIMを購入可能。また、とある空港にはMVNO SIMの自動販売機が登場し話題となっています。

■観光客向け、空港に設置された「SIM自販機」

So-netが提供する「Prepaid LTE SIM」は空港やデジタル系ホビーショップなどでも取り扱われていますが、「関西国際空港」には専用の自販機を設置。国際空港での自販機販売によるSIMパッケージの取り扱いは国内初となります。

この写真はSo-netのプレスリリースに掲載された設置イメージ図。関西国際空港をご利用の際は現地を確認してみてはいかがでしょうか。設置場所は以下のようになっています。

関西国際空港 1F 国際線到着階

・南到着口 左 Internet & Telephone コーナー

・北到着口 右 Internet & Telephone コーナー

「Prepaid LTE SIM」は日本語に加え、英語による電話サポートや、日本語・英語・中国語 によるサービスサイトも提供。さらに韓国語・タイ語のサービスマニュアルを用意するなど、他と比較して多言語サポートが充実しています。

SIMロックフリーが日本よりも一般的な海外からの観光客、ビジネスマンにはかなり需要の高そうなサービスですよね。もちろん、自販機以外の販売場所もあり、「成田国際空港」、「新千歳国際空港(5月下旬開始予定)」、「あきばお~」、「BOOK OFF」、「ラオックス秋葉原店」など、サービス窓口から購入可能です。価格やサービス詳細については以下ページをどうぞ。

 Prepaid LTE SIM

 

■書店やコンビニでも気軽にSIMを購入できる

 

書店でSIMが買える。という新しい販売窓口を切り出したのが、「pointy SIM」。月額959円(税込)から始められる低価格が魅力のSIMサービスですが、月額料金にIP電話機能(VoIP機能)が含まれているなど、利便性の高いサービスとなっています。

販売店は、「アスキーストア」、「とらのあな」、「e-BoooM」、「エコたん」、「文教堂」など。通話料に独自のポイントが貰えるというサービスもあり、導入の手軽さと、コストパフォーマンスの高さを両立しています。

pointy SIM

 

もっと気軽に! というのを追求した形がコンビニ販売。全国のローソンで扱っている「OCN モバイル ONE プリペイド」。MVNO SIMは申込み後に郵送されるというシステムのため、その場ですぐ使えるわけではありませんが、プリペイド式のSIMであるため、クレジットカード無しで購入できるという利点もあります。

チャージもコンビニで延長パッケージを購入してくれば良いため、継続利用もお手軽で魅力的ですね!

OCN モバイル ONE プリペイド

 

ここまで販売チャンネルが増加した背景には、SIMフリー端末の普及と共に、もっと気軽に、お得にインターネットを使いたい! というニーズが急速に向上してきたように伺えます。これを受けて、今後さらに幅広い店舗、施設で取り扱いがスタートしていくことでしょう。ひょっとしたらあなたの近所の店舗でも不意に……、

「MVNO SIMはじめました」

と、なるかもしれませんね。

おっちゃん、SIMひとつ! チャージ増し増しで。

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード