2014.6.16
SIMフリースマホ、続々登場 SIMニュース6月9日〜13日
2014.6.16

SIMフリースマホ、続々登場 SIMニュース6月9日〜13日

SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
格安SIMでは珍しいタブレット端末とのセットプランや、5インチのAndroidスマホにも安くて新しい製品が登場しました。白ロムスマホの購入に不安を感じている人にはうれしいニュースですね。

●[06/09]U-NEXT データ使用量の確認やデータ容量の追加チャージができる『U-mobile』アプリを提供開始

●[06/10]シネックスインフォテック ポラロイドブランドの3G SIMロックフリースマートフォン『LINEAGE-リネージュ-』の取り扱いを開始

●[06/11]ビックカメラ データ通信専用も用意されたビックカメラの格安スマホ第2弾が登場

●[06/13]hi-ho タブレットとSIMカードをセットにした「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7 [LTE]」を7月1日から提供開始

●[06/09]U-NEXT データ使用量の確認やデータ容量の追加チャージができる『U-mobile』アプリを提供開始

U-NEXTは、LTE対応高速モバイルデータ通信サービス『U-mobile』ユーザー向けに、専用スマートフォンアプリ『U-mobile』をリリースしました。
これを使えば当月のデータ使用量をリアルタイムに確認できるほか、データ使用量上限(3GB/月)を超えたときに、必要なデータ容量を簡単に追加チャージができます(チャージはアプリを介してのみ可能)。
追加チャージは100MB / 324円、500MB / 540円、1GB / 864円。アプリは無料で提供されています。
参考:データ容量の格安追加チャージができる、「U-mobile」アプリを提供開始|データ使用量の確認も簡単に|プレスリリース|U-NEXT

 

●[06/10]シネックスインフォテック ポラロイドブランドの3G SIMロックフリースマートフォン『LINEAGE-リネージュ-』の取り扱いを開始

シネックスインフォテックは、7月2日から家電量販店やECサイトなどを通じてポラロイドブランドのSIMロックフリースマートフォン『LINEAGE』の発売を開始します(販売想定価格:28,800円)。
LINEAGEは、高表示品位と低消費電力を両立する、ジャパンディスプレイ製ペーパーライクディスプレイ(5インチ。解像度960×540ドット)と1.6GHzのクアッドコアCPUを搭載したAndroid 4.2スマートフォンです。
最大の特長はデュアルSIMスロットの採用。SIMカードを2枚まで挿入できるので、通話用/データ用を切り替えて利用することができるので、抜き差しする手間が省けますね。
参考:ポラロイドブランドの3G SIMロックフリースマートフォン「LINEAGE-リネージュ-」の取り扱いを開始|ニュースリリース|シネックスインフォテック

 

●[06/11]ビックカメラ データ通信専用も用意されたビックカメラの格安スマホ第2弾が登場

ビックカメラは、オリジナルの格安SIM『BIC SIM』と格安スマホをパックにした独自キャンペーンの第2弾を開始しました。
「データ通信・音声通信」プランでは、SIMカード利用料と24回払いの端末料を加えて月額3,056円。「データ通信専用」プランなら月額1,976円で利用できます(どちらも1GBまでの高速データ通信)。
格安SIMとセット発売されるスマホは、クアッドコアCPU、5インチIPS液晶(1,280×720ドット)にAndroid OS 4.2を搭載したTJC製スマホ『StarQ Q5001』。端末の同時購入を考えている人には魅力的なキャンペーン。この価格帯でこのスペックであれば、十分な満足感を得られるのではないでしょうか!?
参考:月額2,830円(税抜)からのスマートフォンが登場!|各種サービス・キャンペーン|ビックカメラ

 

●[06/13]hi-ho タブレットとSIMカードをセットにした「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7 [LTE]」を7月1日から提供開始

hi-hoは、Androidタブレット『ASUS Fonepad 7 LTE』とSIMカードのセットコース「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7 [LTE]」を7月1日から提供します。
ASUS Fonepad 7 LTEは、AtomプロセッサーZ2560のCPUと1,280×800ドットの7インチ液晶を搭載したSIMフリーのAndroid OS4.3を採用したタブレット。音声通話にも対応しているため、月額3,543円で1GBまでの高速データ通信と音声通話を1台で手軽に楽しむことができます(初期費用3,240円が必要)。この他、データ通信専用SIM(月額2,463円)やSMS機能対応SIM(月額2,614円)を選ぶことも可能。タブレットが欲しい人には魅力的なプランですね。
参考:「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7 [LTE]」提供開始のお知らせ|お知らせ|ハイホー

※文中の価格はすべて税込です。

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード