2016.12.12
アプリを使えば安くなる!@niftyの新料金プラン「NifMo」登場
2016.12.12

アプリを使えば安くなる!@niftyの新料金プラン「NifMo」登場

SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
2014年11月26日、@niftyを運営するニフティ株式会社は、音声通話に対応した新たな格安SIMプランと、同プランに話題の「ZenFone 5」がセットになったプランを発表しました。

今回、ニフティが提供するプランは、月額2,912円でZenFone 5の16GBモデルにSIMがセットになったプランと、月額1,728円の音声通話対応SIMカードと月額972円のデータ通信専用プラン。どのプランも2GBの高速データ通信がバンドルされた内容となっています。

データ通信容量に関しては、2GB以外に4GBと7GBのプランも用意されており、使い方に合わせたデータ容量を選択することができます。また、11月26日から2015年1月31日までの期間、キャンペーンが行われており、新規契約社は月額216円の割引となります。割引を適用した各料金プランの月額イメージは以下の通り。

データプラン料金端末+通話基本料金月額合計(キャンペーン割プラン)2GB / 972円2,156円2,912円 / 月4GB / 2,700円2,156円4,640円 / 月7GB / 3,780円2,156円5,720円 / 月

上記金額は、端末を24ヵ月の分割払いにした場合で計算していますが、ZenFone 5を一括購入時の金額は33,600円と、直営店で購入するよりもやや割高となっています。
だとしたらSIMを別途調達し、本体は直営ストアで買ったほうが賢い方法なのでしょうか?

料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」と、Wi-Fiスポットが使える「NifMo コネクト」を搭載

単純な価格だけを見ると確かにそうかもしれませんが、NifMoのスマホセットやNifMo SIMを購入すると利用できるアプリが2つあります。

1つ目は「NifMo バリュープログラム」。このアプリは、提携通販ショッピングサイトの利用や、おすすめアプリをダウンロードすることで携帯料金を割引してくれるという夢のようなアプリです。これはドコモ、au、ソフトバンク、そしてY!mobileが行っているポイントプログラムに近いもののようです。

ポイントの還元率は提携店舗によって異なりますが、マツモトキヨシや東急ハンズに紀伊國屋書店、さらにはJTBなど多彩な職種のショップと提携。これらのオンラインショップを普段から使っている人にしてみるとかなりお得なサービスと言えるのではないでしょうか!?

もう1つのアプリは「NifMo コネクト」です。コネクトと名付けられていることからも分かるように、このアプリは提携するWi-Fiスポットを利用するためのアプリ。JR主要駅や空港、ファストフード店、ホテル、さらに新幹線など全国に約4,900地点でWi-Fiスポットを展開するBBモバイルポイントが利用できます。

MVNOが提供するSIMを利用する際には、Wi-Fiスポットの利用が死活問題です。最近では当たり前のように使えるようになってきていると思うかもしれませんが、実際にこうしたサービスを提供しているMVNOはまだまだ少数。利用できるかできないかでは雲泥の差があることと思います。

現時点で利用できるWi-FiスポットはBBモバイルポイントだけですが、その他のWi-Fiスポットも提供準備中とのこと。続報を楽しみにしたいところです。

サポート体制も充実!

アプリだけでなく、サポートも充実しています。急な機器のトラブルに対応してくれる「NifMo あんしん保証」が月額410円、スマホの接続・設定・操作方法の訪問説明サービスの「NifMo 訪問レクチャー」が518円となっています。どちらも有料のサービスとなっていますが、かなり手厚い内容になっており、キャリアのサポートと比較しても勝るとも劣らない内容です。

特に「NifMo あんしん保証」は、水没、故障、破損、落下といったトラブルに対し最大36ヵ月間保証期間が設けられています。「格安スマホは壊れたら我慢しないといけない」というイメージを一新してくれるものではないでしょうか。

盗難・紛失は保証外となっており、サービス利用時にかかる費用は、1回目は5,400円、2回目が10,800円、3回目は定価による交換となっています。2回目までであれば、単純に新品購入するよりも安く入手できるので、入っておいて損はないかと思います。

今回発表したニフティのように、最近のMVNOは端末にSIMをセットして売るだけではなく、独自のサービスや保証というのをつけてきています。恐らく、この流れというのは今後の主流となってくるので、ますますキャリアと比較して「何が自分にあっているのか?」を判断する必要が出てくることでしょう。

また、11月25日に発表されたhi-hoのZenFone 5プランについては後日紹介いたします。

※価格は全て税込です

nova3

関連キーワード