スマホ節約診断
2015.11.5
Windows 10 Mobileは第3のOSになれるか!?
2015.11.5

Windows 10 Mobileは第3のOSになれるか!?

モバイルプリンス
モバイルプリンス
iOS・AndroidのスマホOS 2強体制に、マイクロソフトは喰らいつくことができるか。PC向けOS「Windows 10」のモバイル版、「Windows 10 Mobile」の注目度がここに来て急上昇中です。過去にはBlackBerry OS、Firefox OS、Tizenなどのスマホ用OSもiOS・Androidに挑戦。今回はそんな一連の流れや、Windows 10 Mobileについてまとめてみました。

元祖スマホ用OSは、Windows Mobileです。最初期のバージョンはWindows Mobile 2003、日本での一般向けに登場した機種は2005年のW-ZERO3でウィルコムから出ています。

Windows Mobileはフィーチャーフォン全盛期の中でビジネスマンやアーリーアダプターから一定の支持を集めていました。OutlookやOfficeアプリを入れて、外出先からPCメールや資料を閲覧。今でこそ当たり前ですが、販売当初は大変画期的で、多くのガジェットファン、アーリーアダプターたちが飛びついたものです。

 

スライド式キーボードを搭載した機種も多く、タッチパネルタイプのスマホがほとんどの現在では、目新しいデザインに映るかもしれません。

数こそ多くないものの、当時、ドコモ・au・ソフトバンク・ウィルコム・イーモバイルの各キャリアから搭載機種が発売し、このまま隆盛を誇るかに思われました。しかし、2008年iPhone 3G、2009年にはHT-03Aが発売され、iOS・Andoroidが登場すると流れが一変。ビジネスイメージのWindows Mobileと違い、フルタッチパネルの直感的操作、豊富なアプリに加速度センサーを活用した面白いゲームなどでiOS・Androidユーザが急激に増加しました。

iOSとAndroidの勢いに反比例するかのように、Windows Mobileはシェアを落とし、2010年6月発売のT-01B(ドコモ)、IS02(au)が一般向け機種の現在のところ最後。こうした反省を踏まえ、iOS・Androidに真っ向勝負を挑むために一から作り直したのがWindows Phoneです。Windows Mobile時代のアプリなどは使えなくなりましたが、Modern UIと呼ばれる大きなフォントと、タッチ操作に優れた画面配置は圧巻の一言。iOS・Androidに対抗すべく第三勢力として脚光を浴びました。

ほどなくして、スマホ進出に乗り遅れてシェアを落としていたNOKIAとマイクロソフトは熱い握手を交わし、Lumiaシリーズを展開します。2万円を切る低価格モデルから、Galaxy SシリーズなどのAndroidハイエンドモデルに並ぶスペックのモデルまで、多彩なバリエーションで攻勢をかけます。

しかし、日本で登場したWindows Phoneは2011年にauから発売されたIS12T一台のみ。Lumiaシリーズは発売が噂されていましたが、結果として「マイクロソフト社員の業務端末だった」という肩透かしを喰らうなど、日本での発売は日の目を見ることはありませんでした。

 

どうなる、Windows 10 Mobile

日本では完全に不発となったWindows Phoneですが、2015年に入り大きく動きだします。PC用OS「Windows 10」がスマートフォンとの連携を強化するとし「Windows 10 Mobile」を発表しました。Windows 10 MobileはWindows Phoneを発展させたバージョンで、Windows 10と同一のプラットフォームとなります。つまり、PCとスマートフォンが深いレベルで連携を図れるということですね。iOSやAndroidでは真似できないレベルでの「Windows PC」との融合。後発ならではの「大型タッグ」に、ビジネスマンを中心に期待が高まっています。

6月にはマウスコンピューターが「MADOSMA」を発売。今はWindows Phoneを搭載していますが、Windows 10 Mobileが正式にリリースされるとアップデートされる予定です。その他にも、FREETELL、VAIO、Acerなどのメーカーが国内での端末の投入を表明。さらにはスマートフォンアクセサリーブランド「トリニティ」まで端末の発売を発表しています。

この4年間で1台しか端末が発売されませんでしたが、2015年は6社以上のメーカーが参戦を表明しているWindows 10 Mobile。リリースは今年11月以降と噂されていますが、3度目の正直で普及するのか?市場の動向に注目したいと思います。

(文:モバイルプリンス)

⇒ 格安SIMに乗り換えるならコレ!定番のOCN モバイル ONE

1分で簡単診断!
オススメプランがわかる!

関連キーワード

オススメのプランはこれ!
人気プランランキング

1

LINEモバイル

LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る
1

OCN モバイル ONE

音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LIBMO

3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る
1

IIJmio

タイプDミニマムスタートプラン音声通話機能付 (みおふぉん)3GB/月
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

BIGLOBEモバイル

データ通信SMS付き3ギガプラン 3GB/月(タイプD)
1,020 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LINEモバイル

LINEモバイル LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る
1

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE 音声対応SIM 110MB/日
音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LIBMO

LIBMO 3GBプラン(音声通話付きSIM)
3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る


ご利用ガイド

営業日について

平日 10:00~17:00
※土日祝日、年末年始、夏季休暇はお休みをいただいております。

返品・交換について

・初期不良につきましては、保証書と商品発送時に同梱している納品書、送り状をご用意いただき商品到着後3日以内に商品ページに記載の連絡先までご連絡ください。メーカーの了承が得られた場合のみ代替品を送付いたします。
・一度お買い上げいただきました商品に関しましては、お客様都合による返品は応じかねます。

お支払いについて

クレジットカード・代金引換をご利用いただけます。
領収書の発行は不可となっております。

掲載料金プランについて

・本サイトで掲載している料金プランに関する情報は、各事業者がウェブサイト等に公開している2018年4月3日時点の情報を独自に収集したものです。
・閲覧されている時点でのプラン料金およびサービスを含む割引金額を保証するものではありません。
・掲載金額については、各種オプションやサービスは含まれていません。

配送について

●佐川急便 全国一律送料無料
※時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。
※お客様都合による再配達時には送料(830円)が発生する場合があります。

納期について

・注文受付後、原則、平日の正午までにいただいたご注文については翌営業日に発送いたします。
※セール/キャンペーン商品を除く
・土日祝日の発送はございませんのでご留意ください。
・商品によっては出荷まで時間がかかる場合があります。
詳細は各商品ページ記載。