2016.4.11
店舗ごとで役割が変化!? 2月の中古端末ランキング
2016.4.11

店舗ごとで役割が変化!? 2月の中古端末ランキング

SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
2月の中古端末マーケットに何がおこっているのか?今まで以上に変化が起きているので、早速順位からチェックしてみましょう。

ゲオ

順位商品名1SoftBank iPhone 5 16GB2SoftBank iPhone 5 32GB3au iPhone 5 16GB4SoftBank iPhone 4S 16GB5docomo iPhone 5s 32GB 6SoftBank iPhone 5s 32GB7SoftBank iPhone 5s 16GB8au iPhone 5 32GB9au iPhone 5s 32GB10au iPhone 5s 16GB


ゲオのランキングは見事なまでにiPhone一色となりました。それもiPhone 6 / 6 plusといった新し目の機種ではなく、iPhone 5を中心としたちょっと前の機種たち。想像の域を脱することはできませんが、iPhone 5s、iPhone 5、iPhone 4S がキャンペーンや価格改定でお買い得になっている可能性があります。

また売れ筋の機種がドコモではなく、auとソフトバンクという結果から見るに、MVNO SIMでの運用というより、キャリアユーザーの買い替え目的の購入ではないかとも推測されます。iPhone 6sのSIMロック解除が解禁となる3月のランキングでは、この状態にどのような変化が生まれるのか注目です。

エイヤー

順位商品名1docomo SO-03E Xperia Tablet Z2au SOV31 XPERIA Z43docomo P-01G4au GRATINA KYY065au IS04 TSI046docomo d-01G dtab7docomo SO-03H Xperia Z5 Premium8au HTV31 HTC J butterfly9docomo N-03D10SoftBank 403SH AQUOS CRYSTAL 2

 
エイヤーのランキングはゲオとは反対にiPhoneのiの文字が一切見えない結果となりました。また、売れ筋もドコモとauとなっており、ソフトバンクの名前は10位に1つあるだけ。

一方でゲオのランキングでも5機種をランクインさせたドコモ、4機種をランクインさせたauは、iPhoneの販売開始時期はソフトバンクに遅れを取ったものの、iPhoneだけでなくAndroidやガラケーにも力を抜かずに良い端末を販売していたため、さまざまな中古端末ニーズに合わせた端末がランクインしたのではないかと思います。

エイヤーのAndroidスマホ&タブレットの売れ筋はXperiaシリーズが3機種で、その他はd tabやButterfly、AQUOSにREGZA Phoneとバラけています。一方でガラケーはGRATINA、P-01G、N-03Dと、ガラケーの定番売れ筋モデルばかり。Andoridはメーカーやバージョンのバリエーションが多数あるため、「このモデルを選べば間違いない!」というモノがないため、月ごとの変化が大きいのではないでしょうか。

ダイワンテレコム

順位商品名1SoftBank
202SH PANTONE WATERPROOF2au K0113au GRATINA4au GRATINA25docomo P-07B6au K0127au E10K8docomo P-01F9SoftBank 105SH10SoftBank 103P

 
最後に紹介するダイワンテレコムのランキングでは、なんとスマホの名前をベスト10では見つけることができませんでした。これまでもスマホよりもガラケーの方が強い店舗ではありましたが、ここまでハッキリと出たことは過去にもなかったはず。自らの強みを活かしていると言えるのではないでしょうか。

この中古売上げランキングの調査を行ってから感じていることの1つには、「中古市場」というのは、全体としての大きな流れがあるのではなく、そのお店ごとにムーブメントを作り出しているということです。最新モデルの売れ方や人気とは違った側面があると言えます。

もちろん新機種販売のタイミングや、キャリアの在庫処分シーズンでは多少動きが違ってきますが、各店舗が持つ特色や方針というのを、このランキングを通して感じ取ることができれば、「あの機種の白ロムを買うなら○○だな!」といったような判断基準を持つことができるのではないでしょうか。

(文:SIM通編集部)

nova3

関連キーワード