2016.9.5
LINEモバイル1GB/月500円から カウントフリーや年齢認証にも対応
2016.9.5

LINEモバイル1GB/月500円から カウントフリーや年齢認証にも対応

SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
LINEは9月5日、新たに参入するMVNO事業「LINEモバイル」におけるサービスの詳細について発表会を開催しました。

 

LINEでは、「CLOSING THE DISTANCE」をミッションに、人と人、人と情報・サービスなどが繋がり、スマートフォンやLINEを入り口として生活の全てが完結するという「スマートポータル構想」を展開しており、今回その一環として、LINEの100%子会社としてLINEモバイルの事業を開始します。

LINE取締役 CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)舛田淳氏は、MVNO事業へ参入した理由として、ユーザーニーズとのギャップによって「まだ日本の半分はスマートフォンを使っていない」と説明。ユーザーからの不満のうち、利用料の高さについては、ガラケーでは平均3,000円台だったのに対して、スマホでは8,000円以上となったことが要因としつつ、格安スマホ・SIMといったMVNOの展開により2,000円程度となったといいます。

しかし、LINEをはじめとするメッセンジャーアプリがスマートフォンでの主なコミュニケーション手段となりつつある現在、プランの少なさやデータ通信量制限といった、料金以外にも不満が生じているとのこと。既存のMVNOのサービスも含め、ヘビーユーザーにとっては、リッチコンテンツの拡大に伴うトラフィック増加で通信量制限の問題が生じる一方、ライトユーザーにとっては過剰な内容となるなど、これまでは「画一的なプランが多かった」といいます。

そのため、LINEモバイルでは、ユーザーにとっては価格と品質に加えて「+α」が必要ではないかとし、ユーザーとの付き合い方を変えるべく、利用シーン×「FREE」をテーマに、自由でシンプルなサービスを提供していくとのこと。

 

これについて、LINEモバイル 代表取締役社長 嘉戸彩乃氏は、「LINEモバイル1.0では2つのサービスを提供する」と説明。まず、エントリーユーザーもしくは2台目需要向けとなる「LINEフリー」では、LINEにおけるデータ通信量がカウントされないカウントフリーを含め、データ通信プランを1GB/月500円、SMS付きプランを同620円、音声付きプランを同1,200円で提供するとのこと。

また、通信料制限への不満を解決すべく設定したという「コミュニケーションフリー」では、LINEに加えて、FacebookやTwitterが使い放題になるというカウントフリーを含め、3GBで1,110円のSMS付きプランや、10GBで3,220円の音声付きプランなどを提供します

ただし、カウントフリーの対象としては、タイムラインやニュースフィードの閲覧以外、FacebookのメッセンジャーやLINEのLIVEなど外部接続は非対応となります。

また、カウントフリーの実施方法については、MVNEとなるNTTコミュニケーションズと連携のもと、IPアドレスやポート番号などでタグ付けを行い自動識別で実現しているとのことで、ユーザーのやり取りの内容については一切関与していないと説明。このカウントフリー機能については、申し込み時に個別的、具体的な同意によって提供していくそうです。

その他、LINEモバイルならではのサービスとして、LINEの年齢認証とID検索に対応するほか、LINEアカウントの新規開設において、データ通信プランでもFacebook 認証やSMS認証が不要になると発表。その他、LINEポイントとの連携や、友人や家族間でのデータプレゼント、さらに「コミュニケーションインフラ、社会的責任として」どのプランでもフィルタリングサービスが無料になるなど、安全安心なモバイル環境を提供していくとのこと。

また、データ通信量の残量や料金確認など契約内容について、トークでリアルタイムに内容を確認できるという、LINEの公式アカウントを通じたカスタマーサポートを提供します。新規申し込みも公式アカウントからできるそう。

今回LINEモバイルでは、SIMのみの契約と、SIM+端末セット購入でサービスを展開。端末については、1万円台のエントリーモデルから、おサイフケータイや防水機能など最新スペックのモデルまで8機種19バリエーションで提供し、本日9月5日よりLINEモバイルサイトから限定2万件で先行販売を開始します。また、本格販売は10月1日から開始するとのことです。

(文:SIM通編集部)

夏休みファイナルセール

関連キーワード