2017.3.27
EV技術を搭載したBMW初の電動ビッグスクーター「BMW C evolution」
2017.3.27

EV技術を搭載したBMW初の電動ビッグスクーター「BMW C evolution」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
春になれば心地よい風を浴びながらツーリング、というさわやかなイメージがあります。さらにそのバイクが高級車ブランド発のエコで静かな電動ビッグスクーターとなれば、これまで二輪車に興味のなかった人でも気になるところ。

BMWのバイク部門BMWモトラッドは3月24日、初の電動スクーター「BMW C evolution」を発表しました。

BMW C evolutionは、全長2,190 mm、ホイールベース1,610 mmでフロント・リアともに15インチタイヤを備えたビッグスクーター。

電気自動車(EV)「BMW i3」で用いられる大容量リチウムイオンバッテリーと水冷式の電気モーターを搭載し、最大出力35 kW(48 ps)、最大トルク4,650 rpmで、最高速度129km/h、最大航続距離160kmを実現。

電動スクーターならではの特長として、50 km/hまで2.8秒で到達するという加速性能に加えて、惰性走行やブレーキング時に充電を行うエネルギー回生システムを備えるほか、EV充電スタンドまたは普通充電用の200Vコンセントを使用して、3.5時間で80%までの充電が可能です。

このBMW C evolution車両本体の希望小売価格は148万7500円(消費税込み)で、5月12日より発売を開始します。


【関連記事】
アウトドアで一般家庭4日分の電力を確保!?プリウスに後付けできる外部給電キット「LifePlug」


格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード