2017.3.28
女子高生の27%がスマホを捨てたいと思ったことがある!? BIGLOBE「若者のスマホ利用実態」調査結果を発表
2017.3.28

女子高生の27%がスマホを捨てたいと思ったことがある!? BIGLOBE「若者のスマホ利用実態」調査結果を発表

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール
BIGLOBEは全国のスマホを所有する15歳から49歳までの男女800名を対象に、「若者のスマホ利用実態に関する調査」をインターネットを通じ3月13日から15日の期間で実施。その調査結果を発表しました。

「初めて自分専用で所有した携帯電話の端末は何ですか」という問に対し、スマホネイティブ世代と呼ばれる10代は実に67.9%もの人がスマートフォンと回答しています。また、回答した10代の初めて携帯を所有した年齢の平均は「14.9歳」だったとのこと。なお、「初めてスマホを持った年齢」という問いを全世代におこなったところ、学生時代に「帰宅部系(n=344)」だった人は平均23.3歳と最も早く、反対に最も遅いのが「運動部(n=284)」系に所属した人で27.8歳。残る「文化部系(n=199)」に所属した人たちは24.6歳だったことからも、運動部系のスマホデビューは随分と遅い傾向にあるようです。

「スマホを捨ててしまいたい(離れたい)と思ったことがありますか」という質問では、「高校生女性(n=100)」が27.0%と最も多くなっています。

また「スマホにピンチを助けられたり、心が救われたりしたことがありますか」という質問でも同じく高校生女性が63.0%と最も高い結果となっており、具体的なエピソードとして「辛いことがあってもLINEで友達と話したりできた」「悩んでいたときにネッ友の人が相談にのってくれたりした」など、主にコミュニケーション関する回答が多く見受けられたそうです。

10代のスマホ動画視聴時間は他の世代と比較して長いことが「一日にスマホで動画を見る時間をお答えください」という質問から明らかになりました。10代のうちスマホで動画を視聴する時間が「1時間以上」と答えたのが37.0%、「3時間以上」では13.8%という結果になりました。ではそうした若者たちがテレビを全くみないのかというと、調査結果では1時間以上テレビを視聴している10代は、合計で64.9%もの人が見ていることがわかりました。昨今、「若者のテレビ離れ」と言われてますが、実際のところは10代はスマホ動画・テレビの両方ともよく見ているようです。

高校生と大学生に向けておこなった「スマホアプリ(コンテンツ)に課金したことがありますか」という質問では、高校生・大学生ともに男子学生のほうが課金経験が多いことがわかました。課金内容は高校生男性の1位は「ゲームの購入」(40.0%)、2位「LINEスタンプ」(32.0%)、大学生男性は1位「LINEスタンプ」(37.0%)、2位「ゲーム内アイテムの購入」(21.0%)。一方女子学生は1位、2位ともに同じで1位「LINEスタンプ」(高校生34.0%、大学生23.0%)、2位「音楽の購入」(高校生17.0%、大学生14.0%)という結果でした。

【関連記事】
スマホでのマンガコンテンツ閲覧拡大 30~40代中心に”回帰”加速 LINE調べ
オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード