2017.3.31
夕張市が再出発に向け公式HPリニューアル!「夕張市の借金時計」も掲載
2017.3.31

夕張市が再出発に向け公式HPリニューアル!「夕張市の借金時計」も掲載

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
2007年3月に事実上の財政破綻により財政再生団体となった北海道・夕張市。自治体が倒産(?)するという強烈なイメージに続き、相次ぐ学校・施設の閉鎖や住民サービスの値上げ、住民の転出といった暗いニュースが伝わってきましたが、そこから10年が経過した今年の3月31日、市の公式ホームページをリニューアルしました。

トップページには夕張市らしさを訴える映像コンテンツを大きく配置。ポータルからのリンク先も、「くらしの情報」「ふるさと納税」「観光情報」の3つに絞り込まれ、これからの再出発にかける想いや挑戦を、シンプルかつ強力にアピールしています。

ところで、リンク先の一つである「くらしの情報」をたどっていくと、「夕張市の借金時計」という気になるコンテンツが掲載されています。

そこでは現在抱えている市の借金(市債)をリアルタイムで表示しており、その額は3月31日時点で未だ236億円以上となっています。しかし、1秒単位の返済額に基づいて刻々と減っていく数字を見ていると、これまで積み重ねてきた数々の努力が思い起こされてきます。

こうしたコンテンツから、夕張市の掲げている“現実を直視するとともに、「課題」を「価値」へと変える”というメッセージが効果的に伝わってきます。

夕張市ホームページ

【関連記事】
お金や届出、困りごと…中小企業庁がフリーランス向けWebサイト「まとめ」パンフを作成!

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード