2017.4.3
ヤマダ電機×U-NEXTがMVNOブランドを一新 「ヤマダニューモバイル」の販売を開始!
2017.4.3

ヤマダ電機×U-NEXTがMVNOブランドを一新 「ヤマダニューモバイル」の販売を開始!

SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
ヤマダ電機は、U-NEXTと共同で展開中のMVNOサービス「YAMADA SIM powered by U-mobile」を、4月1日より「ヤマダ ニューモバイル」として、名称・プランともにリニューアルしました。

今回始まる「ヤマダニューモバイル(Dコース)」は、従来のYAMADA SIM powered by U-mobileと同様にドコモ回線を利用しています。これまでとの大きな違いは、新たに常時200kbpsの「シンプルプラン」の提供を開始したこと。また、高速データ通信では、定額使い放題の「LTE使い放題」プランに代えて、「10.3GB」「20.3GB」「30.3GB」といった3つの大容量プランを新設。これらのプランでは高速データ通信量を使い切るまで、一部のMVNOで見られるような使いすぎによる「3日間の速度制限」はされません。

また、利用料金に応じてヤマダ電機のポイントが貯まるほか、あまったデータ容量を翌月に繰り越すことが可能。今後は繰り越した容量を家族などでシェアできる機能もリリース予定です。

それぞれのプランの月額料金は下記のとおりです。


ヤマダ ニューモバイル 料金プラン
 通話機能付きSIMデータ通信専用SIM
(SMSあり)
データ通信専用SIM
(SMSなし)
シンプルプラン
(常時200kbps)
1,250円645円525円
3.3GBプラン1,600円1,020円900円
5.3GBプラン2,150円1,570円1,450円
10.3GBプラン2,960円2,380円2,260円
 20.3GBプラン4,750円4,170円4,050円
30.3GBプラン6,150円5,520円
5,450円

10GB以上のプランの料金は、「格安SIMで最安値」と言われるDMMモバイルとほぼ同程度です。なお、初期費用として3,000円の事務手数料と394円のSIM発行手数料がかかります。また、音声SIM契約には最低利用期間が設けられており、利用開始月を含む12か月以内に解約した場合、9,800円の手数料が発生します。

ヤマダ電機は、ソフトバンク回線によるMVNOサービスも4月1日からスタートさせると以前に発表していましたが、今回のリリースではドコモ回線を利用したものだけの内容にとどまりました。近日中に、ソフトバンク回線を利用したサービス・新プランについてのアナウンスがあるかもしれません。

※文中の料金はすべて税抜きです。

【関連記事】
中古スマホはSIMロック解除できる? 各社のルールをあらためて確認

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード