2017.4.3
列車の現在位置や到着時刻がわかる「JR東日本アプリ」 バージョンアップで新幹線に対応!
2017.4.3

列車の現在位置や到着時刻がわかる「JR東日本アプリ」 バージョンアップで新幹線に対応!

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
山手線や中央線といった首都圏をはじめ、東北・北陸新幹線など東日本各地へのアクセスに欠かすことのできないJR東日本の鉄道路線。これらの路線を利用する人に便利なスマートフォン向けアプリ「JR東日本アプリ」が、3月31日にバージョンアップされました。

まず、東北・北海道・上越・北陸新幹線について、当日運転予定の列車名と始発駅、行先、停車駅、出発/到着時刻(定刻、見込)のほか、列車ごとに電源コンセントや車内販売の有無といったお役立ち情報が提供されます。

また、首都圏の在来線についても、新たに青梅線(立川~青梅)、 五日市線(立川~武蔵五日市)における列車の走行位置と各駅への到着時刻表示に対応。

そのほか、山手線における車両ごとの混雑状況を過去の統計情報を用いて推測できる機能や、全国の鉄道路線に対応した乗換案内機能を追加。駅構内図の表示に加えて、上野、東京、池袋、品川、新宿、仙台の6駅について、アプリからコインロッカーの空き状況がわかるようになりました。

・JR東日本アプリ

  • App Storeダウンロード
  • Google playダウンロード
【関連記事】
アプリ「ANA」がリニューアル!ホーム画面でのサポート機能を充実

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード