2017.4.6
名前タグ作りからスマホ動画の呼び出しまで!?テプラの新製品「SR170」登場
2017.4.6

名前タグ作りからスマホ動画の呼び出しまで!?テプラの新製品「SR170」登場

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
2017年も新学期を迎えたこの時期、たくさんの持ち物に名前付けをしたり、いろいろな行事の思い出を整理したりと、学校生活のさまざまな場面で役立つラベルライターに新たな機能が加わって登場します。

キングジムは4月4日、ラベルライター「テプラ」シリーズの新製品「SR170」を発表しました。

今回の新製品では、シリーズ初の機能として「お名前タグ」印刷機能と「ピッとコード」印刷機能を搭載しています。

お名前タグ印刷とは、オリジナルのりぼんが作成できる専用カートリッジを本体にセットし、名前など印刷したい文字を入力して「お名前タグボタン」を押すと、専用のフォームでりぼんに印刷。

別売の「お名前タグメーカー」に作成したリボンと専用のスナップボタンをセットし、レバーを押すだけで名前タグが簡単に作成できます。

また、ピッとコード印刷とは、入力する文字の前後に専用の二次元コードを印刷。iOS向けアプリ「ピッとコード」を用いて、印刷したラベルにiPhone内にあるデータをひも付けできるというもの。

これにより、ラベルに関連した写真や動画、音声、あるいはWebサイトのURLといった情報をiPhoneからすぐに呼び出せるようになり、これまで文字を見て内容を確認するだけだったラベルの付加価値を高めています。

ほかにも、1段落で最大6行まで印刷幅を広げたほか、てがきフォントや、かわいい絵文字・外枠など、よりデザイン性の高いラベルを作成できるようになっています。

このラベルライター「テプラ」PRO SR170の価格は8,800円で、4月27日に発売されます。

※価格は税抜き

【関連記事】
「#春から〇〇!!」入学前にLINEやTwitterで知り合う中高生のコミュニケーションとは
夏休みファイナルセール

関連キーワード