2017.4.6
箱根「星の王子さまミュージアム」で来館者のスマホがオーディオガイドに 中・英語にも対応
2017.4.6

箱根「星の王子さまミュージアム」で来館者のスマホがオーディオガイドに 中・英語にも対応

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
今年のゴールデンウイークの予定は、企業によっては9連休。とはいえ遠出はせずに近場で過ごす予定を立てているひとも多いものですが、女性を中心に人気を集める箱根の美術館「星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ」では、クラウド型多言語オーディオガイドアプリシステム「Audio guide Q」を導入。来館者が手持ちのスマートフォンをオーディオガイドとして使用できるようになりました。

星の王子さまミュージアムは、児童文学「星の王子さま」と作者サン=テグジュペリをテーマに、作者ゆかりのフランスの町並みを再現した美術館。Audio guide Qは専用アプリをダウンロードすることで来館者の持つスマホをオーディオガイドとして作成、利用できるサービスで、同館では「星の王子さま」の登場人物が作者の生涯や作品の誕生秘話などを解説するほか、ミュージアム内の見所を音声で案内します。

日本語のほか、英語と中国語(簡体字)にも対応。訪日外国人を同伴しての“おもてなし”にも活用できます。

Audio guide Qは、AIを活用したデータマーケティング支援業などを手がけているショーケース・ティービーが、東京ドーム社と共同開発。美術館や博物館での企画展や特別展の開催時に音声解説をするオーディオガイドは来館客にとって人気のサービスですが、施設にとって課題である導入の手間とコスト負担を、クラウドサービスであるAudio guideの活用で解消できたとのこと。ウェブブラウザ上の管理画面で音声や画像などのガイドコンテンツの登録や管理ができるため、手軽にオリジナルのオーディオガイドアプリを作成することが可能だそうです。

Audio guide Qはダウンロード無料ですが、館内利用時の一部ガイドは有料。iOSとAndroidに対応しています。

・「星の王子さまミュージアム」オーディオガイド

  • App Storeダウンロード
  • Google playダウンロード
【関連記事】
宝塚歌劇の歩みを貴重な資料でたどる 阪急文化財団所蔵品データベース「阪急文化アーカイブズ」開設
夏休みファイナルセール

関連キーワード