2017.4.7
お風呂や外出先でも視聴できるバッテリー内蔵型ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」新シリーズ登場!
2017.4.7

お風呂や外出先でも視聴できるバッテリー内蔵型ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」新シリーズ登場!

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
新生活を始めるにあたって、とりあえずテレビの購入を検討しているというかたも多いのではないでしょうか。そうはいってもモバイル化が進む世の中、テレビを決められた部屋だけで見るのではなく、お風呂や外出先で “ながら視聴”もしたいというのが昨今のスタイル。そんな人におすすめのポータブルテレビが登場します。

パナソニックは4月7日、地上デジタル/BS/110度CS放送に対応したポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」の新製品となる「TD7(UN-15TD7)」、「T7シリーズ(UN-15T7/ UN-10T7)」、「E7(UN-10E7)」の3機種4製品を発表しました。

プライベート・ビエラは、TVのモニター部とチューナー部にあたる機器が別々になっており、その間をワイヤレスで映像を送るという仕組み。今回の新製品では、タッチパネル機能と防水性能を備えたモニター部にバッテリーを内蔵することで、電源のない場所でも最長3時間30分の視聴ができるとのこと。

そのため、室内のテレビコンセントにチューナー部をつないでおけば、テレビコンセントがない部屋やアンテナ線が届かない寝室のベッドサイドだけでなく、台所などの水周りやお風呂にもモニター部を持ち運んで視聴できます。さらに、インターネットに接続して「radiko.jp(ラジコ)」で放送中のラジオ番組を聴いたり、内蔵プレーヤーでブルーレイディスクやDVDを視聴したり(TD7のみ)と、さまざまなコンテンツを楽しめます。

ほかにも、500GBの内蔵ハードディスク(TD7およびT7のみ)や、チューナー部に外付けハードディスクを接続して録画した番組をワイヤレスで視聴したり、スマートフォンやタブレットに専用アプリ「Panasonic Media Access」をインストールして、録画した番組や放送中の番組を外出先から視聴したりと、テレビを楽しむシーンが広がります。

UN-15TD7およびUN-15T7は15V型、UN-10T7およびUN-10E7は10V型の2サイズで、それぞれ5月19日に発売予定です。

【関連記事】
【編集部おすすめ】テレビの視聴方法が変わる!?ガラポンTV伍号機を使ってみた!

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード