2017.4.11
自宅でがん発見可能な血液検査キット「DEMECAL」 リスクが発見されたら医師の紹介サービス
2017.4.11

自宅でがん発見可能な血液検査キット「DEMECAL」 リスクが発見されたら医師の紹介サービス

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
体調が悪いかな、と感じたとき、ベストなのはすぐに医師の診察を受けること。けれども、時間がないなど物理的な制約で、いつでも病院へ行けるとは限りません。そんな中、がんなど大きな病気は早期発見と受診のために定期検査が大切ですが、自宅で簡単にがんのチェックできる血液検査キット「DEMECAL」を活用し、リスクが発見されたら適切な医師や病院を紹介してくれるサービス「名医の窓口」が4月12日からスタートします。

「名医の窓口」は一般社団法人日本の医療を研究する会(日医研)などが提供。日本で初めて厚生労働省から組み合せ医療機器として認められた在宅血液検査キットで、自宅で簡単に精度の高い血液検査ができるDEMECALを購入し、自己採血をした検体を専用封筒に入れて郵送すると、検査結果が返送。結果はウェブでも閲覧可能です。

検査結果にがんのリスクが発見された場合、日医研に連絡すると、部位や状況によって適切な分野の医師や病院を紹介。キット購入から半年間有効とのことです。

現在用意しているDEMECALキットは「女性用がん総合検査キット」「男性用がん総合検査キット」「胃がんABC検査キット」の3種類で使い切りタイプ。採血に失敗した場合の無料再送対応も受け付けています。価格は16,200円。

※価格は全て税込み。

「名医の窓口」

【関連記事】
ニコンブランド発のスマホ専用メガネレンズ「ニコン シフトオン」で“スマホ老眼”を防止!?
PostPet「モモ妹」が乳がんの知識と検診の大切さ伝えるピンクリボン活動をサポート インスタでキャンペーン実施
nova3

関連キーワード