2017.4.12
自作イラストをLINEスタンプに!iPhoneアプリ「Shuttle Sticker」でスタンプシールを作ろう
2017.4.12

自作イラストをLINEスタンプに!iPhoneアプリ「Shuttle Sticker」でスタンプシールを作ろう

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
毎日の生活に欠かせないツールとなったLINE。文字だけでなくスタンプを使ってのコミュニケーションが特徴です。LINEスタンプには企業などによる「公式スタンプ」のほかに、個人作家らによる「クリエイターズスタンプ」があります。クリエイターズスタンプはLINEが定める審査を通過すれば誰でも販売できるスタンプです。

「自分もスタンプを売りたい!」と思っても、描いたイラストをスキャンする機材がなかったり、審査に出す時に必要な透過処理ができなくて断念したという人も少なからずいるのではないでしょうか。「Shuttle Sticker(シャトルステッカー)」は機材やソフトがなくても、審査可能なスタンプをつくることのできるiPhoneアプリです。


アプリで描いたイラストを撮影すると、ゆがみなどを自動補正してくれます。背景の色も画面をタッチするだけで消すことができるので、誰でも簡単に「LINEクリエイターズスタンプ」「着せかえ」「iMessageステッカー」を作成可能です。

Shuttle Stickerでは今回新たに、作成済みLINEスタンプや自分で描いたイラストをシールとして購入できるサービスを開始しました。価格はシール48枚(LINEスタンプ8個の場合、1シート8枚×6セット=48枚)で2,000円。送料は別途250円かかります。

サービスのスタートを記念し、4月11日から30日までの期間は1,500円に値下げ、送料も無料に。また、申請用のLINEスタンプ作成時には通常480円かかりますが、これも半額の240円となり、シール購入のみが目的の場合は、アプリ内課金は不要とのこと。

さらに先着100名にはシールをセットして楽しめるキーホルダーをプレゼント。LINEのトークで使うだけではなく、手紙やスケジュール帳などにも自作イラストを貼って、新たなコミュニケーションを楽しんではいかがでしょうか。

※文中の価格は税込み。

【関連記事
夏休みファイナルセール

関連キーワード