2017.4.13
スマホはここまで進化!ASUS「ZenFone AR」はARとVRに対応
2017.4.13

スマホはここまで進化!ASUS「ZenFone AR」はARとVRに対応

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール
PCやSIMフリースマホメーカーのASUSは、今夏発売予定の新たなSIMフリースマホ「ZenFone AR」を発表しました。この端末はGoogleがスマホ向けに提供するARプラットフォーム「Tango」と、同じくGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」の両方に世界で初めて対応したSIMフリースマホです。

Googleが提供するARプラットフォームTangoは、複数のセンサーやカメラを組み合わせて深度情報を抽出し、そのデータを使って現実とバーチャルを違和感なく融合させるAR技術です。

Tangoは私たちが目にする景色や空間を正確に認識して3Dモデルを作成、動きを追跡してくれます。例えば購入した家具を実際に自宅に置いてみたらイメージと違ったという経験があるかたもいると思いますが、ZenFone ARを使えばそのような失敗はなくなります。VRでも同様のサービスはありますが、バーチャルな空間ではなく、目の前に広がる現実空間に重ね合わせるので、より具体的に理解できることでしょう。

また、Tangoの特徴である「動きを追跡する」とは、例えば車のARを展開させた際、その車の位置は動かさずに車内に入り、ハンドルやギアの位置やシートに座った時に見える景色を、スマホの画面を通じて体感することです。目の前には車がないのに、まるでそこにあるように感じられる体験は、かなり新鮮。

「拡張現実」の言葉が表すとおり、ARは現実をさらに広げ、面白くしてくれるものだということが、ZenFone ARを使えば実感できるでしょう。

VRといえばアプリをインストールし、スマホを装着したVRスコープやVRゴーグルでこれまでにも楽しまれています。VRプラットフォームのDaydreamでは、スマホでのVR体験を、従来よりも高品質なものにしてくれます。ほとんどのAndroid端末が対応する専用ゴーグル「Daydream View」を使えば、これまで以上の没入感を体験可能。また、Daydream用にカスタマイズされたアプリを使うことで音声にも対応。VR空間に大きなスクリーンを登場させて、迫力のある映像体験ができます。

いまのところ、Daydream Viewは日本国内での販売予定はありません。けれども、実際に体験したことのあるかたにきいたところ「まだ、OculusやVIVEほどではないが、それらに近いVR体験をすることができた」と話してくれました。このかたが体験時に利用したAndroid端末は不明ですが、ARやVRの体験を主な目的に開発されたZenFone ARであれば、PCでのVR機器と遜色のないVR体験をすることができるかもしれません。

Android端末におけるVRの歴史で忘れてはならないのが、サムスンがOculusと共同で開発し、2015年に発売した「GEAR VR」。Galaxyシリーズの端末をセットして利用するVR機器で、サムスン製のスマホでなければ利用できませんが、他のスマホよりも格段にすぐれたVR体験ができるものでした。現在も新たなバージョンを投入し、没入感だけにとどまらず、操作性も高まっています。

ただし、GEAR VRは一部で限定のセットモデルが販売されましたが、基本的には別売りとなっており、Galaxyだけを購入してもVRは使えません。この点がややネックだと言えます。

VRに力を入れている製品として、TCLコミュニケーションが販売している「Alcatel IDOL 4」があります。性能面ではZenFoneとGalaxyに追いつきませんが、高いコストパフォーマンスをほこり、国内で唯一購入できる端末とVRゴーグルがセットになっているモデルです。

ZenFone ARには組み立て式のVRスコープが同梱されているため、買ったその日からVRを楽しむことができます。もっとも、残念ながら市販されている段ボール製のVRゴーグルと同程度の性能しかなく、Daydreamプラットフォームの持つ高品質なVRを体験したいなら、やはり別途Daydream Viewを購入したほうがよさそうです。ただし、前述したようにDaydream Viewは国内販売されていないため、このZenFone ARが販売する頃までには発売されることを期待したいものです。

AndroidスマホにおけるVR機能とAR機能は、各メーカーのセールスポイント。同時に、Googleがプラットフォームの共通化を進めていることからもわかるように、今後一般化していく機能でもあります。これまでスマホの機能の差別化や高品質化の牽引役は主にカメラ機能でしたが、今後はARやVRに変わっていくでしょう。そして、各種コンテンツをさらに楽しめることを目指し、各社ともARやVRといった機能に注力し、サービスの拡充が行われていくと考えられます。

なお、「ZenFone AR」価格はRAM 8GB / ROM 128GBモデルが99,800円、RAM6GB / ROM 64GBモデルが82,800円です。

※文中の価格はすべて税抜き。


人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール

関連キーワード