2017.4.14
格安スマホのトラブルが多発!?購入前のチェックは念入りに
2017.4.14

格安スマホのトラブルが多発!?購入前のチェックは念入りに

SIM通編集部
SIM通編集部
sim通

powerd by goo Simseller

人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール
これまでのケータイ料金を格段に安くしてくれるとして認知が高まってきている「格安スマホ・格安SIM」といった「MVNO」の通信サービス。利用者数が伸び続ける一方、さまざまなトラブルが目立ちはじめています。

独立行政法人国民生活センターは4月13日、「こんなはずじゃなかったのに!“格安スマホ”のトラブル-料金だけではなく、サービス内容や手続き方法も確認しましょう-」という報告書を公開しました。

相談件数の推移
独立行政法人国民生活センターホームページより

これによると、2015年度は380件だったMVNOに関する相談件数が、2016年度はほぼ3倍の1,045件になったとのこと。

相談事例として「問い合わせ先が電話窓口しかなく、つながりにくい」「修理期間中の代替機の貸し出しサービスがなく、スマートフォンが1か月間利用できない」という今まで使っていたキャリアとはサービスが異なることによるトラブルが見られます。

また、「SIMロック解除をしないと、他社のSIMカードでスマートフォンが使えなかった」「(中古の場合)インターネットで購入したスマートフォンの端末代金に未払いがあり、精算しないと修理の受付ができないと言われた」など、SIMと端末を別々に購入した場合のトラブルも。

これらに対し、報告書では消費者に以下の5つのアドバイスをしています。

1.自分の現在の利用状況を把握した上で、ホームページやパンフレット等で格安スマホ会社が提供しているサービスを確認
2.今まで使っていたスマートフォン等の端末を引き続き使えるかどうかの確認
3.中古端末を購入する場合、「ネットワーク利用制限」対象の端末ではないかを確認
4.格安スマホ会社の回線を利用するための手続きと、利用開始日を確認
5.トラブルになった場合は、最寄りの消費生活センター等に相談

また、業界団体に対し、業界全体として苦情の減少に向けた取り組むことを要望。さらに契約時や利用時の注意点について、店頭・ホームページ等でていねいな説明をするようを望んでいます。


【関連リンク】
こんな人はMVNOに向いていない! 4つのタイプ

人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール

関連キーワード