2017.4.14
保育園までの徒歩時間も確認可能 経験者が開発した保活サポートアプリ「きっと」
2017.4.14

保育園までの徒歩時間も確認可能 経験者が開発した保活サポートアプリ「きっと」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
社会問題となっている待機児童の解消が進まず、保育園に預けるための“保活”は小さな子供のいる家庭にとって大きな負担です。スマートフォンアプリ受託開発などを行っているプレジニアは4月14日、保活の経験者が開発した、保育園探しのサポートアプリ「きっと」の配信を始めました。

厚生労働省が発表した「『保活』の実態に関する調査の結果」によると、希望どおりの保育施設を利用できた人も含めて、保活が「負担」と回答したひとの割合は合計で8割以上。なかでも、情報収集に苦労したという回答が目立ちます。

「きっと」は、東京23区の保育園をマッピング。通園に重要な自宅からの所要時間を、徒歩で何分何秒かの目安を把握することができます。電話番号や住所も記載されているため、電話や見学の予約をスムーズに行うことが可能。保育園の周辺の様子はストリートビュー表示で確認できます。

気になった園はコメントを記入できるメモ機能のほか、お気に入り登録機能も用意。子供を入れたいと思う園を、希望順位別に並びかえて表示することが可能です。現在の対象エリアは東京23区ですが、今後随時拡大する予定とのこと。

「きっと」は無料。iOSに対応しています。

・保活アプリ『きっと』- 保育園探しをラクに

  • App Storeダウンロード

【関連記事】
最新テクノロジーを保育に活用!?日本初の公園内保育所「茶々そしがやこうえん保育園」が開園

夏休みファイナルセール

関連キーワード