2017.4.17
旅先でフリーWi-Fiや充電場所が一目でわかる!?経産省が新ピクトグラム15種類を追加
2017.4.17

旅先でフリーWi-Fiや充電場所が一目でわかる!?経産省が新ピクトグラム15種類を追加

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
海外旅行などで普段とは異なる言語環境に身をおいたとき、行きたい施設や必要なサービスを受けられる場所がどこにあるのか、言葉がわからなくても直感的に把握できる「ピクトグラム」(案内用図記号)に助けられることがあります。

経済産業省は4月17日、こうした外国人観光客にもわかりやすいピクトグラムを導入すべく、新たに15種類を追加した最終改正案を発表しました。

この最終改正案では、電波を表す3本の円弧がデザインされ、無線によるインターネット接続(Wi-Fi)が可能な場所を示す「無線LAN」や、電源プラグとケーブルがデザインされ、スマートフォンなどの通信機器が充電できる場所を示す「充電コーナー」といった、IT社会ならではのピクトグラムを追加。

ほかにも、都市部を中心に普及が進んでいるシェアサイクルや、博物館などでの多言語サービスに対応したイヤホンガイドといった、きめ細やかなサービスについての表示や、駅のホームドアについて注意喚起を示すものといった、日常生活を支えるテクノロジーに関するピクトグラムも作成されています。

これらのピクトグラムについては、今後、必要な手続きを経て7月中に改正される予定とのことです。

【関連記事】
日本のトイレは難解!? 訪日外国人の“わかりにくさ”をピクトグラムで解消

夏休みファイナルセール

関連キーワード