2017.4.24
宅配便配達のすれ違いを防ぐ 家の付近到着で在宅かを電話音声で確認
2017.4.24

宅配便配達のすれ違いを防ぐ 家の付近到着で在宅かを電話音声で確認

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
忙しい現代人の生活にかかせないインターネットネット通販。一部地域では生鮮食品の当日配送まで可能になりましたが、荷物の受け取り時間のすれ違いや、配達ドライバーの過重労働なども問題になっています。情報システムに関するコンサルティング業などを手がけるトレイルは4月24日、宅配便ドライバーが配達先へ近づいた時に自動で電話をかけて予定時刻の通知と在宅確認を行い、不在の場合には再配達の希望日時を受け付けるサービスを開発したと発表しました。

ネット通販を中心に、宅配便の効率的な配達を阻害する最も大きな要因として、不在宅への再配達が挙げられています。駅などの公共施設や提携するコンビニエンスストアへ設置された宅配ボックスの利用や、メールやSMSなどで配達予定をあらかじめ連絡してもらうサービスを利用しているユーザーも増えてきましたが、全世帯をカバーするまでには普及していないのが現状です。

同社が開発した新サービスは、すべての配達先へ電話を使って、自動で予定を連絡して在宅かを確認。ドライバーが配達先へ近づくと、自動で配達先の指定された固定電話やスマートフォン、携帯電話などへ自動音声の電話をかけ、配達予定を連絡します。電話を受けた購入者は、内容を確認したら電話のプッシュボタンを使い、該当時間に在宅か不在かの回答か、応答なしによる不在の周知が行えます。

不在にする場合は、再配達の希望日時をそのままプッシュボタン操作で登録することも可能。在宅、不在の確認結果や再配達の希望日時は、リアルタイムでドライバーへ通知されます。配達予定日前日夜の在宅率が高いであろう時間帯での確認による早朝配送の荷物や、当日便は配達中で随時対応など、すべての配達予定に適用できるとのこと。特に配達直前の連絡では、ユーザーにとって歯がゆい荷物のすれ違いを防ぐことができます。

今後は、不在の登録時に宅配センターへの引き取りや、提携する近隣のコンビニ、宅配ボックスの指定も目指す予定です。

【関連記事】
いつものスーパーから老舗の食材まで!さまざまな生鮮食品を自宅で受け取り「Amazonフレッシュ」
Amazonを利用するなら知っておきたい Amazonプライムの特典やメリットまとめ
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード