2017.4.26
ボタンを押すだけで情報が手に入る シニア向けカンタンIoTデバイス「MAGOボタン」
2017.4.26

ボタンを押すだけで情報が手に入る シニア向けカンタンIoTデバイス「MAGOボタン」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
さまざまな情報をインターネットから利用する機会が増えている昨今。普段はインターネットを使わない高齢者でも、情報を得たいと思う時があるでしょう。

MIKAWAYA21の「MAGO(まご)ボタン」は、高齢者でも簡単に操作できるIoTデバイスです。Yahoo JAPANが提供するIoTプラットフォーム「my Thinigs Developers」を採用し、地域の天気や災害情報などをリアルタイムに伝えてくれます。

MAGOボタンは「100歳のおじいちゃま、おばあちゃまでも使えるボタン」をコンセプトに掲げており、操作も大変シンプル。Wi-Fiなどの設定を必要とせず、電源を入れるだけで準備は完了。

MAGOボタンには4つの機能が搭載されています。

1.天気・災害情報
「Yahoo!天気」「Yahoo!防災情報速報」チャンネルと連携し、住んでいるエリアの「お天気」と最新の「災害情報」を伝えてくれます。災害時にはMAGOボタンを1回押すと、安否確認ができます。

2.くらしの情報

ゴミの収集日など、自治体や企業からのお知らせを伝えてます。

3.家族とのコミュケーション
家族からのメッセージを簡単に受け取れます。また、ボタンを1回押すだけで、家族に固定メッセージを送信できます。

4.コンシェルジュサービス
ボタンを2回押すと、MAGOボタン専用コールセンターから自宅に電話がかかってきます。駆けつけを含め、さまざまな相談に応じたサービスを提供予定。

本体カラーは青、赤、ピンク、黄色、緑、白、黒の7種類で、オリジナルロゴのプリントをすることも可能。価格は5年間の通信費込みで4万円前後になると見込まれ、商品の発送は2017年7月以降を予定しているとのことです。

【関連記事】
薬の飲み忘れを注意してくれる“シニアの玩具” 「けんこうパートナー スマイルメディくん」が健康をサポート

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード