2017.4.26
守られるより守る人材を目指す!「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」参加者募集中
2017.4.26

守られるより守る人材を目指す!「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」参加者募集中

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
情報処理推進機構(IPA)は4月25日、8月14日~18日に都内で開催される「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加者募集を開始しました。

セキュリティ・キャンプとは、サイバー犯罪など情報セキュリティの脅威が高まる現代、情報セキュリティ技術に強い関心を抱き、技能を高めたいという意志を持つ22歳以下の学生・生徒を対象に、将来有望なIT人材の発掘と育成を目的とした合宿形式の勉強会。

2004年に開始して以来、これまでの修了者は計581名に上る一方、サイバーセキュリティ人材の不足を背景に、14回目となる今回は定員を50名程度に拡大して実施します。

カリキュラムについても“特定のテーマにどっぷりつかる”ことを目的に、「言語やOSを自作しよう」「セキュアなCPUを自作しよう」「Linux 向けマルウェア対策ソフトウェアを作ろう」という講義のうち、延べ28時間の全日程を通して1つのテーマにだけ取り組む「集中コース」を新設。

また、従来どおり、1コマ4時間程度の講義30種類から希望の講義を選択し、自由に受講プランを組み立てる「選択コース」も用意されています。

(課題の一例)
応募に際しては、専用Webサイトより必要事項を記入の上、共通およびコース別の課題に回答。応募締め切りは5月29日12:00までとなっており、内容を審査のうえ6月中旬ごろに結果を通知するとのことです。

【関連記事】
プログラミングやロボット製作 遊びながら学べるIT×ものづくり講座「G.Wワークショップ2017」開催

夏休みファイナルセール

関連キーワード